法律相談のご予約
0120-13-4895
(平日・土曜/ 9:00~20:00)

浮気・不倫の慰謝料問題、適切な請求へ調整するには弁護士への相談が近道です。ご相談無料

感情的になっていませんか?不貞の慰謝料問題は冷静になることが大切です

不倫の慰謝料に関する問題は、当人同士で話し合いをしてもお互い感情的になってしまい、
冷静に交渉することがむずかしく、気持ちにまかせて突き進んでしまうと、解決することが困難になります。
特に次のような場合、感情的にならず冷静に判断しながら弁護士にご相談することをおすすめします。

浮気相手が許せないので、
とにかく高額な慰謝料を請求したい
浮気相手のことが許せず、感情にまかせて高額な慰謝料を請求しても、根拠や証拠がなければ裁判になったとき、主張を認めてもらうことはむずかしいと言えます。今一度冷静になり、弁護士と相談して、根拠に基づいた請求をたてて話を進めていくことをおすすめします。
相手と交渉してみたが、
お互い感情的になり
話し合いにならなかった
浮気不倫に関する慰謝料の問題が発生したとき、相手と直接交渉しても感情的な罵り合いになり、話し合いそのものが成立しないことも多くあります。感情にまかせて交渉していると、脅迫や名誉毀損で訴えられる危険もあるため、弁護士に相談し、冷静に対応されることをおすすめします。
不倫慰謝料を請求され、
言い値で慰謝料を払おうと考えている
突然内容証明郵便が届き、高額な慰謝料請求をされた場合、すぐ支払わなければと動揺し、相手のいいなりになってしまうことがあります。このような時も冷静になり、請求額の根拠が適正かチェックする必要があります。慰謝料を請求されたら弁護士に相談し、減額を含めた対処が可能か確認するとよいでしょう。

ご依頼者の心情に寄り添い、「味方」となって丁寧にサポートします
弁護士が状況を冷静に判断し、
不貞慰謝料問題の解決にむけて尽力します。

弁護士 神津 竜平

弁護士 神津 竜平

「不倫相手に対して慰謝料を請求し、きちんと責任をとらせたい」、「不倫相手の妻(夫)から慰謝料の請求をされたが、金額が高額で対応できない」。このような浮気・不倫の慰謝料問題は、当人同士で交渉をしても感情が先立ってしまい、決裂してしまうことが多くあります。

そもそもこの問題は、相手の顔を見たくないというお気持ちが強いなかでテーブルにつかなければならないことから、精神的な苦痛も大変大きく、当事者同士で交渉を続けても解決の道のりがみえにくいと言えます。

このように浮気・不貞の慰謝料問題は、当事者の負担が大きいだけでなく、適正な慰謝料の判断については専門知識と経験・交渉力も必要とすることから、弁護士への相談をご検討ください。

弁護士を代理人に立てることで、ご依頼者に代わり交渉の一切をお任せいただくことができます。ご要望に沿って弁護士が相手と交渉を進め、納得のいく解決につながるよう、尽力いたします。

不倫の慰謝料請求問題の解決に向けて、弁護士がしっかりサポート

ご相談は無料です

浮気・不倫をされた…浮気相手を許せない! 浮気・不倫の慰謝料を請求したいけど… このようなお悩みありませんか?

  • 慰謝料を請求しても、払ってもらえるのだろうか?
  • 相手の住所や電話番号などがわからない…
  • 慰謝料は請求したいが、相手とは話をしたくない…
  • 逆恨みされないか心配…

弁護士が窓口になることで、慰謝料と責任をしっかり追求できます!

弁護士 今井 浩統

弁護士 今井 浩統

相手が素直に非を認め、慰謝料を支払うようなケースであれば、ご自身での交渉で解決できることもあります。しかし、このようなケースはあまりなく、むしろ稀な例といってよいでしょう。ほとんどの場合、慰謝料を請求しても、支払う素振りを見せながらごまかされてしまう、あるいは相手が反論してくるなどして、話し合いにならないことが多く見受けられます。また、慰謝料を請求しようにも、相手の住所や素性がわからないと何もできない事態に陥り、手段を失ってしまいます。

このように相手が誠意を見せない場合、悩まずに弁護士へご相談ください。弁護士がお話をうかがったうえ、あなたの味方として窓口となり、相手との交渉を行います。また、相手の住所がわからないような場合でも、多くの場合、弁護士であれば調べることが可能です。しっかりと責任追及をしながら粘り強く慰謝料請求を行います。

不貞慰謝料請求の解決事例

リーガルプラスでは、浮気・不貞による不倫相手への慰謝料請求において、
ご依頼者が納得のいく慰謝料を獲得し、多くの事案を解決してきました。

事例

スマートフォンでのやり取りから、妻が不倫をしていることが発覚。
弁護士が証拠に関することなど冷静にアドバイスし、100万円の慰謝料を獲得した事案

Gさん/50歳代

解決方法
協議(交渉)

ご依頼者のGさんは、偶然、妻が不倫相手とスマートフォンでやりとりしているメッセージを発見してしまい、今後どのようにするべきか当事務所に相談されました。

当日はお怒りが収まらないなかで来所されたため、弁護士が不貞の証拠集めの方法や話し合いで確認すべきことなど適切にアドバイスしました。弁護士との相談で冷静になったGさんは、そのまま弁護士に依頼されました。

Gさんはアドバイスどおり多くの証拠を集め、交渉に有利な条件が整った段階で不倫相手に慰謝料請求しました。相手は不貞行為を行った事実を争うことなく、過去の裁判例に鑑み、100万円の慰謝料を支払うことで合意しました。

獲得できた慰謝料: 100万円

不貞慰謝料請求の弁護士費用

当事務所では、浮気・不貞の慰謝料請求に関するご相談は無料となっております。
浮気・不貞の慰謝料請求に関する弁護士費用についてご案内します。
※表示されている金額は、すべて消費税込となります。

着手金 交渉※1(4ヶ月間) 11万円
交渉から訴訟へ移行した場合※2 22万円
訴訟※3 33万円
仮差押 別途お見積り
控訴等※4 別途お見積り
成功報酬 回収額の22%
  • ※1.当方から内容証明を送付する場合などの対応になります。
  • ※2.交渉でお引き受けした後、訴訟に移行する場合の追加費用となります。
  • ※3.弁護士依頼時に既に交渉が決裂しており、訴訟から活動を開始する場合となります。
  • ※4.一審判決が不服の場合などの対応になります。

浮気・不貞の慰謝料請求の詳細はこちら

浮気相手に慰謝料を請求したい!

浮気・不倫に関するご相談は無料です

浮気・不倫をしていたが…突然、慰謝料請求された… 不倫相手の配偶者から内容証明が届いた、慰謝料を請求された… どう対処すべきかお困りではありませんか?

  • 法外な慰謝料を請求された!
  • 相手の態度がきつく、交渉の余地がない…
  • 家族や友人にも相談できず困っている…
  • 誰にも知られずに解決したい…

弁護士が代理人となり、慰謝料の減額を含めた和解の交渉を行います

弁護士 小林 貴之

弁護士 小林 貴之

不倫をしていた相手の配偶者から突然内容証明郵便が届き、不倫の慰謝料請求をされた場合、どのように対処するべきか、ご自身の社会的地位に問題が起こらないか、多くの不安を抱えることになると思います。ご自身に非があることから、相手の言い分をそのまま受け入れなければいけないのか、迷ってしまうこともあるでしょう。慰謝料の問題は、どのように対応すればよいか判断がつきにくいことも多いため、まずは弁護士に現状についてご相談されることをおすすめします。その際には、次の点を確認し、お伝えするようにしてください。

  • 浮気、不貞行為は事実ですか?
  • 慰謝料を請求された相手が誰か?
  • 請求された慰謝料の金額は?

この3つの状況によって、解決までの道のりが変わります。例えば、不貞行為が事実であったとしても、不倫相手が最初から未婚であると伝えられ、既婚の事実を知らなかった場合、請求された慰謝料を減額もしくは支払わずに済む可能性があります。

また、慰謝料を請求してきた相手が弁護士だった場合、ご本人による交渉は大変厳しいものになります。交渉のプロである弁護士を相手に話し合いをしてしまうと、相手の言い分をほぼ受け入れることになりかねません。ご自身の立場が不利にならないよう、弁護士を立てて交渉のテーブルにつく必要があります。

次に、不貞慰謝料の相場ですが、100〜300万円と言われています。悪質性が高ければ高額になりますが、500万や1000万といった高額な金額を請求された場合、根拠のある金額かどうかを見極め、相場と照らし、裁判事例なども含めて減額の余地があることから、妥当な慰謝料がどの程度になるか、不貞慰謝料に詳しい弁護士に相談・依頼されることが、解決の近道かもしれません。

不貞慰謝料請求を減額できた解決事例

リーガルプラスでは、浮気・不貞をした相手側から慰謝料を請求された場合、
法律上の根拠に基づいた金額か見極め、慰謝料を減額・合意することで、多くの事案を解決してきました。

事例

同じ相手と2度目の不倫だったため、慰謝料請求金額が高額に。
弁護士が当事者の経済事情や強い反省の意思を示し、240万円の減額に成功した事案

Kさん/30歳代

解決方法
協議(交渉)

1年前に不倫をし、不貞相手の配偶者から慰謝料を請求され、慰謝料を支払うことで示談していたが、再度同じ相手と不貞行為をしてしまい、不倫相手の配偶者から前回より高額な350万円の慰謝料を請求されたため、当事務所にご相談されました。

再度同じ相手と不貞関係を持ってしまった場合、不倫慰謝料の増額事由にあたりますので反論の余地があまりないことから、受任後に当事務所の弁護士が相手方の弁護士に対してご依頼者が非常に反省していることや、関係の解消と二度と会わない約束をする旨を丁寧にお伝えし、更にご依頼者の生活が不安定で経済的に苦しいことなどを説明、約240万円の減額に応じてもらうことに成功しました。

当初請求額: 350万円 交渉後の慰謝料: 110万円

不貞慰謝料を請求された場合の弁護士費用

当事務所では、浮気・不貞の慰謝料請求に関するご相談は無料となっております。
浮気・不貞に関する慰謝料を請求された場合の弁護士費用についてご案内します。
※表示されている金額は、すべて消費税込となります。

着手金 交渉※4(4ヶ月間) 22万円
交渉から訴訟へ移行した場合※5 11万円
訴訟※6 33万円
控訴等※7 別途お見積り
成功報酬 相手方請求額から減額分の11%
  • ※4.相手方から内容証明が届いた場合などの対応になります。
  • ※5.交渉でお引き受けした後、相手方から訴訟を起こされた場合の追加費用となります。
  • ※6.相手方から訴状が届いた場合などの対応になります。
  • ※7.一審判決が不服の場合などの対応になります。

浮気・不貞の慰謝料減額の詳細はこちら

突然慰謝料を請求された…どうしよう…

ひとりで悩まず状況を弁護士にご相談ください

取り扱い分野一覧にもどる