労災事故

  • ・労災で後遺障害の認定を受けた
  • ・労災保険の給付ではこれからの生活に不安
  • ・大きな労災事故の被害に遭い、会社にはしっかり責任をとって欲しい

会社の対応に疑問を感じたら、弁護士ご相談ください

労災事故の被害者の方へ

日本で年間約12万件の労災事故、千葉県は年間約5000件の労災事故が発生しています。会社は労災保険金の支給に協力するだけで、適正な補償をしないことも多くあります。
労災事故の中には、会社の安全管理体制の不備ゆえに発生してしまったものもあります。
このような場合、会社に対する責任追及や損害賠償請求が可能なことは、社会的にも広く知られていません。
労災事故の被害にあった場合、早い段階で専門家である弁護士への相談をお勧めします。
リーガルプラスの弁護士は、労働災害に巻き込まれてしまった場合、しっかりと会社から補償を受けて欲しいという思いで活動しています。
被害者自身が会社に損害賠償請求をすることは大変です。弁護士にご依頼いただければ、代理人として粘り強く会社と交渉を行います。
適正な補償を受けるために、経験豊富な「リーガルプラス」の弁護士へご相談ください。

発生から解決までの流れ

事故発生

業務中に事故にあわれたら治療を最優先してください。また業務中や通勤途中の事故の場合には、警察や保険会社へも連絡する必要があります。事故発生時の事実関係を把握しておくことも重要です。

労災保険給付申請

事故が起こったら労災保険の給付を受けるために、労働基準監督署へ給付申請をする必要があります。会社が労災の申請をしない場合は労働基準監督署や専門家にご相談することをお薦めいたします。

会社との交渉

会社側が提示する賠償金額が明らかに低い場合や、事故の責任を全否定し賠償金の支払いに応じてこない場合があります。弁護士に依頼をしていただくことで、事業主との対等な交渉が可能になります。

裁判手続き

会社との交渉が成立しない場合には、裁判によって最終的な賠償金額を争うことになります。事業主の安全配慮義務違反や不法行為についても争っていくことになります。事業主の安全配慮義務違反や不法行為についても争っていくことになります。

解決

会社との交渉・裁判によって、労災に遭われた相談者の適切な賠償金の獲得を目指します。

相談無料 交渉着手金0円 成功報酬制*

リーガルプラスは、労災事故の被害者の方に弁護士費用の心配をせずにご相談頂きたいという思いから、法律相談は一律無料としています。
入院中やお身体の負担から事務所までお越しになれないご相談者のため、出張相談にも対応しています。病院やご自宅などご都合の良い場所に弁護士がお伺いします。
正式なご依頼時に必要となる着手金は無料とし、成功報酬制で活動をしています。

*①治療中で後遺障害認定の可能性が低い、②後遺障害認定が非該当、③労災以外の原因によって障害が発症した、④損害賠償義務者の資力が乏しく賠償金獲得の見込みが著しく低いなどの事情がある場合、ご依頼をお受けできないことがあります。

東京、千葉、茨城で弁護士、法律事務所をお探しなら弁護士法人リーガルプラスにお任せください。

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ・ご相談はこちらへ

0120-13-4895 メールでのお問い合わせ