ご相談の流れ

  • お問い合わせもっと詳しく
  • ご予約もっと詳しく
  • ご相談もっと詳しく
  • ご相談により終了
  • ご依頼もっと詳しく
  • 弁護士活動開始もっと詳しく
  • 相手方との交渉 / 調停・訴訟
  • 事件解決・終了もっと詳しく

クリック!

全体的な流れとともに詳細を
知りたい時はもっと詳しく
クリックしてください。
より詳しい説明が表示されます。

ご確認ください

『利益相反』について 弁護士は相談を受けられない場合があります。

弁護士は、お金を借りた側と貸した側、争っている双方の味方をすることができません。
「一方を立てればもう一方が立たない」このような関係を利益相反といいます。
こういった事態を避けるため、弁護士会では、「利益対立の関係にある人同士の活動をしてはならない」という決まりを定めています。 発覚した場合、弁護士は受任した後であっても代理人を辞任することになります。
そのため、利益相反の可能性がある関係者のお名前をすべて伺う必要があります(事件の類型や事案によって伺う範囲が異なります。)。 ご理解のほど宜しくお願い致します。

東京、千葉、茨城で弁護士、法律事務所をお探しなら弁護士法人リーガルプラスにお任せください。

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ・ご相談はこちらへ

0120-13-4895 メールでのお問い合わせ