法律相談のご予約
0120-13-4895
(平日・土曜/ 9:00~20:00)

刑事事件に関する弁護士費用

刑事事件に関する弁護士費用をご案内いたします。費用の詳細については、お気軽にお問い合わせください。

※表示されている金額は、すべて税込となります。

法律相談

初回相談無料

刑事事件に関するご相談は無料です。財産事件や薬物事件などで警察から取り調べを受けている場合、逮捕・勾留された場合など、弁護士にご相談ください。ご家族からの相談も無料です。

逮捕勾留直後の急ぎの接見対応

緊急接見費用 3万3000円※1
  • ※1、正式依頼時は緊急接見費用分が着手金から差し引かれます。

正式な弁護活動費用※2

着手金 33万円(身柄拘束がない事件は22万円)
接見日当 2万2000円/1回
被害者への賠償※3又は示談 被害者1人につき11万円(2人目以降は1人あたり6万6000円)又は示談額の8.8%の高い額
身柄解放
勾留の阻止(勾留執行停止含む)
33万円
保釈 22万円
保釈手続日当 3万3000円/1回
公判日当 3万3000円/1回
裁判弁護報酬1(執行猶予) 22万円
裁判弁護報酬2(求刑より減刑) 22万円
  • ※2、接見禁止の解除、保釈請求、勾留阻止などの成功報酬が別途発生する場合もございます。その他、担当弁護士所属事務所から往復3時間以上の警察署・裁判所・被害者宅等への出張は別途移動日当が発生します。少年事件については、別途お見積りいたします。
  • ※3、被害者が宥恕(刑事処分を希望しない、寛大な気持ちをもって許すこと)や権利放棄をしていないときでも、賠償金を受領した場合を含みます。

サポートプラン

サポートプラン 11万円(契約期間は原則3か月、延長可能)
  • 警察による身柄拘束がされていない、捜査状況がはっきりしない場合などに、弁護士がアドバイスを行います。ただし、正式な弁護人として、被害者との示談や捜査機関対応などは行いません。
  • 捜査機関への対応が必要になった場合、追加着手金11万円で通常契約に移行することができます。
  • 身柄拘束された場合はすぐに接見へ出向き、通常契約に移行させて各種必要な対応を行います。

弁護士費用一覧にもどる