労働災害の法律相談東京・千葉・茨城

労災事故に関する解決事例

当事務所では、仕事で労災事故に遭い大ケガをしたにもかかわらず、会社が労災に対して非協力的であったり、損害賠償請求に対する対応など、さまざまな事案を解決してきました。今後も労災事故で大ケガを負われたり、慰謝料や損害賠償請求でお悩みの被災労働者の方をはじめ、不幸にも労災事故でお亡くなりになった本人のご遺族を支援し、適切な解決に向けて尽力していきます。

下肢不全断裂等の重傷を負い、後遺障害等級5級の認定を受けた労災事故で、相手方保険会社の休業補償及び賠償提示額が低く弁護士に依頼。裁判となり、当方が用意した資料や証拠をもとに和解案の提示を受け、和解した事案

担当弁護士:齋藤 碧

ご依頼者Y.Gさん
性別男性
年齢40歳代
受任年2016年
解決年2019年
後遺障害等級認定5級
解決方法訴訟(和解)
労災支給額約 2769 万円
会社からの賠償金額約 9440 万円
総額約 1億2209 万円

他社の従業員と共同で重機の清掃作業をしていたところ、他社従業員が重機の操作を誤り、Y.Gさんに重機を衝突させたことにより、Y.Gさんの身体が飛ばされ、工場内にあったリフマグ玉に足首を強打し、下肢不全断裂等の傷害を負いました。

解決事例を詳しく見る

労災申請に非協力的な会社に対し、弁護士が交渉に入ったことで話し合いが進み、
裁判で容認される見込額で和解に至った事案

担当弁護士:小林 貴行

ご依頼者X.Iさん
性別女性
年齢40歳代
受任年2020年
解決年2020年
後遺障害等級認定なし
解決方法交渉
労災支給額約 58 万円
会社からの賠償金額約 207 万円
総額約 265 万円

Xさんはトラックの配送センターにて、トラックの荷台で積み下ろしの作業をしていましたが、運転手が勝手にトラックを発進させたため、転落し、さらに荷物が落下してきて、足の指を骨折する大けがをしました。

解決事例を詳しく見る