解決事例

ここでは交通事故に遭い、後遺障害を負われた方の解決事例をご紹介させて頂きます。

脳震盪、眼窩底骨折、歯牙欠損、大腿打撲などにより¥800,000を獲得した事案

受傷部位
後遺障害等級
後遺障害内容
保険会社
解説弁護士

担当事例

リーガルプラスご相談後の取得金額

相談前 0 万円

相談後 80万円

当事者の情報

年齢:20代

性別:女性

職業:アルバイト

事故態様

両当事者の属性(自動車対自動車など)

ご依頼者様:自転車

相手方:自動車

事故態様の詳細

丁字路交差点を自転車で右折中、直進してきた車と衝突した。

過失割合

ご依頼者様:30%

相手方:70%

治療関係

負傷部位・診断名:脳震盪、眼窩底骨折、歯牙欠損、大腿打撲

治療期間:3カ月間

認定等級(部位):非該当

解説弁護士による事例総括
解説弁護士 : 谷 靖介

ご依頼者様には事故による衝撃により、事故当時の記憶がありませんでした。警察署作成の実況見分調書の記載から、適切な過失割合を導き出し、ご依頼者様が納得できる過失割合での示談が成立しました。

交通事故被害者のための法律相談サイト
交通事故の慰謝料に対する疑問や不満をリーガルプラスが納得のいく解決までサポートします。
当サイトでは交通事故慰謝料の事例むちうちの慰謝料の相場も公開しています。