顧問医師からの推薦文 交通事故解決にはリーガルプラスをお薦めします

被害者の適切な解決に向けて

顧問医師・白井康裕からの
メッセージ

「被害者の方が適正な慰謝料を得るために何ができるか」

交通事故の被害者救済に取り組む弁護士であれば、当然いつも考えていることだと思います。

交通事故における“適正な解決”である“適正な慰謝料”獲得のために、ときには「医学的な判断」がカギを握ることがあります。医師において専門分野が分かれており、それぞれの分野は日々進歩しています。そのため、弁護士が、その専門領域外である「医学」の正しい知識・技術などに向き合う時、相当な苦労と努力が必要になると容易に想像できます。

だからこそ、交通事故被害の救済のために「医学的な判断」がカギを握るような場合、リーガルプラスの依頼者の方の症状や医師の診断等に対し、顧問医師として適正・公正な立場で意見、情報提供に努め、弁護士とともに尽力したいと考えています。

関東を中心に被害者救済に取り組まれているリーガルプラスの代表弁護士である谷先生が「適正な慰謝料獲得のためには、医師のチカラが必要だ。協力をお願いしたい。」と、愛知の私のところへ連絡をいただいた時は、その熱意に大変驚きました。

ご自身が交通事故被害者ご家族であり、その経験が行動力の原動になっているのかもしれませんが、常に真摯で“適正な解決”を目指す弁護士法人リーガルプラスが、一人でも多くの交通事故被害者を救済できるよう、顧問医師として支えていく所存です。

合同会社ホワイトメディカルコンサルティング代表:白井康裕

顧問医師プロフィール

合同会社ホワイトメディカルコンサルティング
代表:白井 康裕

平成17年名古屋市立大学医学部卒業。その後、クリニック・中小病院から高度医療機関・大学病院まで様々な病院で勤務や研究に従事、現在も複数の医療機関にて非常勤の整形外科専門医として勤務している。
また、整形外科の医師が運営する日本で数少ない医療コンサルティング会社(2019年法人化)を立ち上げ、弁護士の交通事故に関する業務や医院、医療関連企業の運営に対して質の高い中立・適正な医学的情報を提供している。

【資格】

  • 日本整形外科学会/日本専門医機構 整形外科専門医
  • 日本整形外科学会 認定リウマチ医・認定スポーツ医・認定運動器リハビリテーション医
  • 身体障害者福祉法指定医(肢体不自由の機能障害)
  • 医学博士(軟骨MRIに関する研究で学位取得)
  • Clinical Research on Foot & Ankle Editorial Board Member

【専門分野】

整形外科領域の画像診断、小児整形外科、下肢疾患

リーガルプラスの医療連携

リーガルプラスの医療連携の相関図

解決

リーガルプラス代表弁護士谷靖介

代表弁護士:谷 靖介

医師の診断が賠償額を変えてしまうことも。

リーガルプラスでは、顧問医と連携することで、身体的なケガをともなう交通事故被害における問題解決にあたっています。

事故直後、入通院治療中、症状固定後の交渉中。いずれの段階においても、「医師への適切な後遺障害診断書作成の依頼」「保険会社との粘り強い交渉」など、弁護士がサポートできることは多くあります。ぜひお気軽に、交通事故被害者専門のリーガルプラスまでお問い合わせください。

交通事故被害者のための法律相談サイト
交通事故の慰謝料に対する疑問や不満をリーガルプラスが納得のいく解決までサポートします。
当サイトでは交通事故慰謝料の事例むちうちの慰謝料の相場も公開しています。