解決までの流れ 示談提案書無料診断

その賠償金の提示額は適正ですか?
示談成立前に、弁護士による「示談提案書無料診断」を。

交通事故問題の示談交渉において、加害者側の保険会社からの損害賠償金の提示額が「慰謝料の相場」に比べて低いケースがあります。これは保険会社の決めた支払い基準をもとに提示金額を計算しているからです。
保険会社の支払い基準はあくまで保険会社独自の基準です。保険会社の提示額に従う必要はありません。被害者の方にとって一番有利となる裁判所基準の賠償額で交渉を行うことで、受け取れる賠償金が増額する可能性があります。
保険会社から提示された金額が適正かどうか、無料で弁護士が診断します。無料診断後に弁護士へのご依頼を無理強いするようなことは決してありません。示談に応じる前に、是非一度「示談提案書無料診断サービス」をご予約ください。

こんなに違う!慰謝料の金額

上記の金額は、後遺障害等級が12級に認定された場合の各基準による後遺障害慰謝料の金額の違いです。保険会社の提示額は会社によってそれぞれ異なりますが、多くの場合、「裁判所基準」よりも低い金額を提示してきます。
上記の場合では100万円以上の金額の差がありますが、後遺障害の等級が高ければ高いほど、その差額は大きくなります。「治療費の支払いのときに親切にしてくれた」「保険会社にこれ以上支払えないと言われた」「とにかく早く交渉を終わらせて、交通事故を忘れたい」という被害者のお気持ちもよくわかります。
しかし、示談成立後も交通事故で負ったケガの治療の継続が必要になったり、介護費用、自宅改造費用が発生する可能性を考えると、「裁判所基準」で交渉を進め、少しでも多くの賠償金額を受け取るべきです。加害者側の保険会社から示談の提示があったら、お気軽にリーガルプラスまでご相談ください。

「示談提案書無料診断サービス」の流れ

お問い合わせ

まずは「お電話」または「無料相談予約フォーム」で示談提案書無料診断サービス」をご希望であることを添えてお申込みください。

ご予約日当日

ご予約いただいたリーガルプラス各事務所までご来所ください。
当日にご持参いただきたい書類については、日程調整のご連絡の中で詳しくお伝えします。

当日ご持参いただく書類

「示談提案書無料診断」の際には以下の書類をご用意ください。

  • 保険会社担当者の連絡先がわかる資料
  • 保険会社からの示談提示に関する資料

「適正な賠償金」を弁護士がその場で診断

ご持参いただいた資料と合わせて、事故状況をおうかがいします。保険会社から提示された賠償金額が適正かどうか、また、適正な金額を得るためには何をするべきかなど、弁護士が無料でアドバイスいたします。

弁護士による示談交渉サポートのご案内

賠償金の増額の見込みが高く、弁護士に依頼しても損のない場合には、ご希望の方に「弁護士による示談交渉サポート」についてご案内させていただきます。
「ご自身では増額の交渉をするのは不安」「保険会社・加害者との交渉が負担」という方は是非お気軽にご相談ください。

安心の弁護士費用

  • 「弁護士に依頼して損をした」ということがないよう配慮しています。
  • 見積もりは「解決」までに必要なすべてのサポート費用が含まれています。
  • 全国交通事故弁護団の弁護士が解決までサポートします。

「無料相談」はこちらから

無料相談

次ページ : 後遺障害等級認定サポート

リーガルプラスのサポート内容をご案内しています。

関連リンク