交通事故問題でお悩みの方へ

交通事故

事故後の生活費をどうしよう…
治療費を打ち切ると保険会社から言われた!
後遺障害が残ったので適切な等級認定を受けたい
保険会社の示した示談額に不安がある
慰謝料や逸失利益の計算根拠がよくわからない
交通事故の被害者は、入院や通院のために仕事を休まなくてはならないなど、突然の事故によって大変な生活状況に陥ります。
そして、加害者側の保険会社担当者とのやり取りや交渉をしなければなりません。
加害者の保険会社は、多数の交通事故被害を取り扱っており、手強い存在です。

他方で、多くの被害者は人生で何度もご自身や家族が交通事故にあうことはなく、保険会社の言い分が本当かどうかを確かめるのは非常に困難です。

そして、保険会社は、集めた保険料から交通事故の賠償金以外にも、従業員の人件費や会社の設備費用などを支払う存在です。特に、テレビCMなどで「保険料が安い」とPRしているような保険会社は、被害者への賠償額をしっかりと用意していないこともあります。
保険会社が不当に治療費の支払いを拒否したり、示談額を抑えようとすることはよくあるのです。
保険会社の担当者は、「当社の基準では〇〇円となります。これ以上の増額はできません。」などと説明することさえあります。

しかし、交通事故の示談については、弁護士が適正な賠償額を算定し、示談や訴訟などを通じて保険会社や加害者側に請求をすることで、大幅に増額となる場合が非常に多いのです。

リーガルプラスの各事務所は、事故でケガを負った被害者側専門の法律事務所です。
常に被害者側のみから、ご依頼をお受けしています。保険会社側の活動は一切行いません。

また、当法人の代表弁護士の谷は、自身の親族が大きな交通事故にあったことがあり、交通事故の当事者・家族の気持ちを深く理解し、被害者側に寄り添う活動をしています。

交通事故でお困りの方は、ぜひ、お気軽にお問合せください。

交通事故被害者のための法律相談サイト
交通事故の慰謝料に対する疑問や不満をリーガルプラスが納得のいく解決までサポートします。
当サイトでは交通事故慰謝料の事例むちうちの慰謝料の相場も公開しています。