後遺症と後遺障害の違い

交通事故でケガをしたときに医師から「後遺症が残る」と言われても、補償の対象となる「後遺障害」には当てはまらない場合があります。「後遺症」と「後遺障害」はいったい何が違うのでしょうか。

後遺症と後遺障害の違い

一般的に「病気やケガが治った後に、なお残っている機能障害などの症状や傷あと」のことを「後遺症」といいます。交通事故でケガを負った場合に使う「後遺症」も、「これ以上治療しても症状の改善が望めない状態のケガ(症状固定)」全般を指します。
その後遺症の中で、「自動車損害賠償保障法施行令によって障害等級認定の対象となるもの」を「後遺障害」と呼びます。つまり、交通事故によって負った後遺症に対して損害賠償請求できるか否かが「後遺症」と「後遺障害」の違いとなります。

「後遺障害」と認められる条件

医師から「後遺症は残る」と言われた場合でも、後遺障害として認められなければ損害賠償補償を受けることはできません。交通事故で負った後遺症のうち、後遺障害として認められる条件は以下の4つを満たす必要があります。

後遺障害の定義

  1. ケガが将来において完治しないと見込まれること
  2. そのケガが交通事故によって引き起こされたという証明ができること
  3. ケガによって労働能力の低下があること
  4. そのケガの症状が自賠責保険の「後遺障害等級の認定」に該当するものであること

「後遺障害の等級の認定」には「後遺障害診断書」が重要

後遺症が補償の対象となる「後遺障害」となるか、「何級の後遺障害に該当するか」は、症状固定の診断後に行われる「後遺障害等級の認定」手続きによって決まります。
「後遺障害等級の認定」手続きには、後遺障害の内容を医師が作成する「後遺障害診断書」とレントゲンやMRIの検査結果で証明する必要があります。つまり、審査は書類に記載された内容のみによって行われます。そのため、医師の「後遺障害診断書」の作成内容において、症状固定時における症状がきちんと記載されているか、記載漏れがないかをチェックすることが大切です。
医療知識のみならず法律的要素も含まれるため、症状固定の診断が行われる前に「後遺障害等級の認定」手続きに長けた弁護士に一度相談されることをおすすめします。

交通事故被害者のための法律相談サイト
交通事故の慰謝料に対する疑問や不満をリーガルプラスが納得のいく解決までサポートします。
当サイトでは交通事故慰謝料の事例むちうちの慰謝料の相場も公開しています。