後遺障害診断書をどのように書いてもらえばいいか

「後遺障害診断書」は賠償金額を左右する重要な書類

後遺障害診断書は、「後遺障害等級の認定」手続きに必要な書類です。被害者の後遺障害の具体的な症状についての証明書といっても過言ではありません。後遺障害診断書に基いて後遺障害等級が認定され、認定された後遺障害の等級によって賠償される金額が決まります。加害者側との示談交渉や裁判を行うためにも、客観的な証拠となりうる重要な書類です。
そのため、後遺障害診断書は医師によって作成されるものですが、その記載されている情報が適正であるかどうか、医師任せにしていてはいけない部分です。ここでは、後遺障害診断書について解説し、どう記入してもらうべきかを説明していきます。

「後遺障害等級の認定」手続きについて

「後遺障害等級の認定」手続きをする方法は、2種類あります。ひとつは被害者本人が手続きを行う「被害者請求」、もうひとつは加害者側の保険会社に手続きをまかせる「事前認定」です。
「被害者請求」では、手続きをするための資料や書類を自分で収集したり、作成する必要があります。また、弁護士のサポートを受けることで、後遺障害診断書の記載漏れを事前チェックすることができるため適正な後遺障害等級が認定される可能性が高まるほか、手続きにかかる作業負担も軽減できます。
対して「事前認定」は、加害者側の保険会社に手続きをまかせるため、作業の手間は省けます。しかし、自分に不利な書類を知らないところで、保険会社に追加される場合もあるので、加害者側の保険会社は、どれだけ親身に話を聞いてくれても、結局は「加害者側」の立場です。
ご自分にとって適正な賠償を求めるならば、「被害者請求」で「後遺障害等級の認定」手続きをされることをおすすめしています。

後遺障害診断書の作成ポイント

「後遺障害等級の認定」は書類審査です。ですので、提出する後遺障害診断書の記載内容でほぼ決まるいっても良いでしょう。そのため、後遺障害診断書を記載する医師に、ご自身が感じている症状や支障をしっかりと伝えておくことが大切です。症状をどのように伝えるかで後遺障害等級が変わると考えて、難しいかもしれませんが、丁寧かつ具体的に伝えることが大切です。
話しやすい環境をつくることで、記載漏れなどが防げる場合もあります。医師の指示にはきちんと従い、入通院の診察時にはコミュニケーションを大切に、良好な関係を築きましょう。

診断書作成時の注意ポイント

後遺障害診断書の記載内容は、表現の仕方によっては等級認定が得られない場合があります。「後遺障害等級の認定」に大切なのは、医学的に証明あるいは説明できる症状であること、交通事故との因果関係があることの2つが重要なポイントです。そのため、抽象的な表現や原因が不明とされるような表現がないよう注意しましょう。
また、一般的には後遺障害診断書の作成日が「症状固定日」となります。症状固定となると、その後にかかる治療費は自己負担になりますので、作成日は医師とご相談ください。

診断書の重要な項目

「他覚症状及び検査結果、精神・神経の障害」は診断書のなかでも重要な項目です。「他覚所見」とは医師が視診、触診、画像診断などによって症状があることを裏付けるものです。他覚所見がなければ、原則的には「後遺障害の等級認定」を得ることはできません。そのため、他覚所見を得るための検査に漏れがないかどうかをチェックすることが大切です。

「後遺障害等級の認定」手続きに必要な検査

「後遺障害等級の認定」手続きは、後遺障害診断書のほかにレントゲンやMRI、CTなどの画像も必要です。画像や検査は、症状や支障を証明する重要な証拠となります。そのため、後遺障害診断書の記載内容と同様、漏れや抜けがないよう注意が必要です。

後遺障害診断書作成にも役立つ弁護士のサポート

後遺障害診断書は医師が作成するものです。医師は医療の専門家で、信頼できる存在ですが、必ずしも「後遺障害等級の認定」手続きに長けているとは限りません。適正な「後遺障害等級の認定」を受けるためには、交通事故問題や認定手続きに詳しい弁護士のサポートを受けることをおすすめします。
交通事故問題を日頃から取り扱っている弁護士は、「後遺障害等級の認定」手続きに必要なノウハウの蓄積があります。弁護士が被害者ご本人やご家族への聞き取り調査、後遺障害診断書に記載漏れがないかなどのチェックを行うことで、再検査の必要性や追加すべき検査方法などが出てくる可能性があります。
また、被害者ご本人が交通事故で重度後遺障害など意思疎通を図ることが難しくなってしまった場合には、ご家族が被害者に代わって「後遺障害等級の認定」手続きを行う必要があります。被害者に代わって症状や支障を明らかにしていくのは大変だと思います。その際にも、弁護士のサポートを受けることで適切な認定手続きが行えるほか、看護や介護に専念していただけます。
適正な「後遺障害等級の認定」を得るために、後遺障害診断書の記載漏れ、検査漏れがないよう、ぜひ弁護士にご相談ください。リーガルプラスでは、書類作成ポイントだけでなく、医学的知識や示談交渉の進め方など、交通事故問題について常に情報を集め、勉強会などを行っております。無料相談も実施しておりますので、お気軽にご相談ください。

交通事故被害者のための法律相談サイト
交通事故の慰謝料に対する疑問や不満をリーガルプラスが納得のいく解決までサポートします。
当サイトでは交通事故慰謝料の事例むちうちの慰謝料の相場も公開しています。