症状固定の重要性

症状固定とは?

治療を続けても症状の大幅な緩和・回復・改善が見込めず、症状が大きく変化しない状態になった段階を、医学的な意味の「症状固定」と言います。

損害賠償上の「症状固定」

損害賠償上の「症状固定」は、医学的に症状の改善が見込めない場合、加害者が治療費を負担し続けることはふさわしくなく、固定としていったん治療期間を終了し、残存した症状を「後遺障害」と扱い賠償する、と区切りをつける考えです。 医師から症状固定の診断を受ける前の部分は、交通事故の損害賠償の実務では、「傷害部分」といいます。この「傷害部分」として、治療費、休業損害、入通院の慰謝料などを請求することになります。 症状固定後、後遺障害の等級認定が認められた場合、「後遺障害部分」(上図参照)として、逸失利益や後遺障害慰謝料を請求することになります。そして、症状固定後の治療費や休業損害は請求することができなくなります。実務上、症状固定は「傷害部分」の損害の補償、保険会社から被害者への支給の終わり、を意味します。 下記の図をご覧になると、具体的なイメージをつかみやすいと思います。

症状固定と損害賠償

症状固定と損害賠償に関する図
交通事故被害者のための法律相談サイト
交通事故の慰謝料に対する疑問や不満をリーガルプラスが納得のいく解決までサポートします。
当サイトでは交通事故慰謝料の事例むちうちの慰謝料の相場も公開しています。