保険会社の問題

保険会社の問題

保険契約書

交通事故案件を通じて、柔道整復師の先生と情報交流を進めていると、保険会社からの不当な治療費の打ち切り要請、診療部位の逓減といった問題のご相談をお受けすることがあります。これは患者様の通院継続に直結する問題です。
自賠責保険では、整形外科への通院や治療内容を治療継続の必要性や損害額の大きさを判断する基準としており、保険会社も自賠責保険に準じ、またはそれ以上に厳しい基準で打ち切りの根拠にしていることがあります。
保険会社は、整形外科への通院頻度や日数と治療費の打ち切りを連動させる運用をとっています。保険会社の対応は、柔道整復師の先生の手技治療や施術で症状が緩和している患者様の気持ちを尊重していないもので、著しく不当といえます。
整形外科の先生にも、整骨院・接骨院での治療について肯定的な考えを持つ方も多数いらっしゃいます。リーガルプラスとしても、患者様の症状の緩和のため、柔道整復師の先生による手技治療が必要・有効であるとの考えです。
不当な保険会社による打ち切りを防ぐためには、整形外科の先生に施術の必要性について意見書の作成を協力頂き、整形外科の先生(医師)の意見を示すことが重要です。

交通事故被害者のための法律相談サイト
交通事故の慰謝料に対する疑問や不満をリーガルプラスが納得のいく解決までサポートします。
当サイトでは交通事故慰謝料の事例むちうちの慰謝料の相場も公開しています。