後遺障害4級

後遺障害4級と対象となる部位

後遺障害4級は、労働能力喪失率92%とされています。
該当する障害の内容は、以下の通りです。

①両眼の視力が0.06以下になったもの
②咀嚼(食べ物をかむ)及び言葉を話す能力が著しく衰えたもの
食べ物をかむ力が著しく衰えた(機能に著しい障害)とは、粥食などの流動食以外を食べられない状態のことをいいます。
また、言葉を話す能力が著しく衰えたとは、4種の語音のうち2種の発音ができない状態や、または、口から音を発して言葉を発する機能(綴音機能)に障害があり、口を使ったコミュニケーションができない状態になってしまうことをいいます。
③両耳の聴力をすべて失ったもの
聴力をすべて失ったと判断されるためには、
(1)両耳の平均純音聴力レベル(言葉ではなく純粋な音を聴く力)が90デシベル以上となった場合か、(2)両耳の純音聴力レベルが80デシベル以上で、かつ、最高明瞭度(語音による聴力検査結果)が30%以下になった場合
に該当するとされています。
純音聴力検査は、気導聴力検査と骨導聴力検査がオージオメーターを用いて行われ、検査結果はオージオグラムに記載されることになります。
また、純音聴力検査は、日を変えて3回行い、検査と検査の間の感覚は7日程度空けるとされています。
語音聴力検査は、語音聴取閾値検査と語音弁別検査がスピーチオージオメーターを用いて行われます。
④腕の1つをひじ関節以上で失ったもの
⑤脚の1つをひざ関節以上で失ったもの
両手の指の全部を使えなくなったものとは、(1)手指の末節骨の半分上を失ったもの、または(2)中手指節関節もしくは近位指節間関節に著しい運動障害をきたしたものをいいます。
⑥両手の指の全部を使えなくなったもの
⑦両脚をリスフラン関節以上で失ったもの
リスフラン関節以上で失ったものとは、(1)足根骨において切断したもの、または、(2)リスフラン関節において中足骨と中根骨とを離断したものをいいます。リスフラン関節とは、足の甲にある関節のことで、アーチ型の計上で全体重を支える足の甲の重要部分をなしています。

後遺障害のご相談は無料です。

当事務所は成功報酬ですので、被害者の方の自己負担は実質0円です。ご質問やお問い合わせもお気軽にどうぞ。

  • 面談相談0円
  • 着手金0円

ただし、弁護士費用特約が無い場合に限ります。

運営

弁護士法人リーガルプラス弁護士法人リーガルプラス

千葉の頼れる身近な弁護士を目指しています!

弁護士法人リーガルプラス
  • TEL

    9:00~20:00(平日・土曜)

  • お問い合わせ