解決事例

ここではリーガルプラスがこれまでサポートした、交通事故問題の解決事例をご紹介させて頂きます。

顔に大ケガを負った事故で、訴訟提起を視野に弁護士が保険会社と交渉を重ね、大幅な慰謝料の増額提案を受けて解決した事案

リーガルプラスご相談後の取得金額

相談後 510万円

当事者の情報

依頼者名:K.Jさま

職業:会社員

年齢:20歳代

事故年:2016年

解決年:2017年

解決方法:示談交渉

弁護士費用特約の有無:特約「なし」

事例の概要

醜状障害に対し、慰謝料の大幅な増額が認められた事案になります。

事故発生状況

事故態様

(加害者)自動車 対 自転車(被害者)

ご依頼者のK.Jさんは自転車で走行中、前方に停止したトラックのドアが突然開き、扉に右顔面がぶつかり大ケガを負いました。

受任までの道のり

K.Jさんは、弁護士の知り合いがいたことから、交通事故被害の際は、弁護士へ相談した方がよいとアドバイスを受けられていました。知人の提案を受け、当事務所へ相談され、受任となりました。

当事務所が関わった結果

弁護士が相手方保険会社と交渉を行い、等級に対する相場以上の慰謝料の獲得に成功しました。

「解決のポイント」

醜状障害における逸失利益

醜状障害については、日常的に露出する部分において、一定程度以上の大きさの傷跡が残ってしまう後遺障害です。

傷跡に痛みを伴うような場合を除き、労働能力に影響はありませんので、逸失利益は認められないことがほとんどです。

しかし本件では、逸失利益こそ認められませんでしたが、慰謝料の増額により、総額としては相応の水準の賠償金を獲得することができました。

担当弁護士による事例総括
担当弁護士 : 今井 浩統

醜状障害における慰謝料の増額は、必ずしも認められるわけではありません。本件のご依頼者であるK.Jさんは、美容に関する特殊な仕事をしており、芸能人等を顧客にするような業務内容でしたので、逸失利益が認められる余地も十分にありました。

保険会社との交渉は難航し、訴訟提起を予定しておりましたが、訴訟提起直前で保険会社から慰謝料の大幅な増額提案があり、ご依頼者のK.Jさんも訴訟を希望しませんでしたので、交渉での解決となりました。

交通事故被害者のための法律相談サイト
交通事故の慰謝料に対する疑問や不満をリーガルプラスが納得のいく解決までサポートします。
当サイトでは交通事故慰謝料の事例むちうちの慰謝料の相場も公開しています。