解決事例

ここではリーガルプラスがこれまでサポートした、交通事故問題の解決事例をご紹介させて頂きます。

後遺障害等級14級の認定を受けたが疑問に感じ、弁護士が専門医に再調査を依頼したことで12級の繰り上げに成功、12級を前提とした賠償を交渉で獲得することができた事案

受傷部位
後遺障害等級
傷病名
保険会社
担当弁護士

担当事例

リーガルプラスご相談後の取得金額

相談前 144 万円

相談後 389万円

増額倍率2.7倍

当事者の情報

依頼者名:K.Iさま

職業:運送業

年齢:40歳代

事故年:2019年

解決年:2022年

解決方法:示談交渉

弁護士費用特約の有無:特約「なし」

事例の概要

専門医の画像診断により、骨折した部分の癒合が不完全であることの立証に成功。後遺障害等級が繰り上がった事案になります。

事故発生状況

事故態様

(加害者)自動車 対 自動二輪(被害者)

バイクに乗ったご依頼者のK.Iさまが交差点を直進していたところ、右折してきた自動車と衝突しそうになったため、衝突を避けようとしてご依頼者が転倒してケガを負いました。

解決までの道のり

ご依頼者のK.Iさまは、当交通事故により、下肢を骨折するケガを負い、骨接合術の手術を実施しました。治療終了後も、負傷した関節部分に保険会社の事前認定と労災保険で、いずれも後遺障害等級14級が認定されました。ご依頼者のK.Iさまとしては、自身の後遺障害が本当に14級に過ぎないのかに疑問を感じ、弊所に相談いただき、受任しました。

後遺障害等級に対する異議申立を行い、12級に等級を繰り上げることができ、その後12級を前提とした示談交渉の結果、約389万円で示談となりました。

当事務所が関わった結果

保険会社の事前認定では、後遺障害等級は14級でした。

事前認定では、骨折した部位の癒合は良好で、痛みだけが残っているとの判断がなされていました。この点について、異議申立に先立ち、画像診断の専門医から、「骨折した関節面が正しく癒合しておらず、変形が見られる」と、事前認定で見落とされていた障害の意見が得られました。この意見を前提に異議申立を行ったところ、後遺障害等級が12級に繰り上がりました。この結果、12級を前提とした賠償を、交渉で獲得することができました。

「解決のポイント」

異議申立で障害等級繰り上げに

骨折した部分が完全に癒合して関節面がきれいに治っていたとすると、痛みがかなり強く残っていても等級は14級、労働能力喪失期間は5年程度までとなることが一般的です。

今回は、異議申立により、単に痛みがあるだけでなく、骨折した部分がきれいに治っていないために痛みが続いていることが認定されたため、喪失期間を15年として逸失利益を獲得できました。

担当弁護士による事例総括
担当弁護士 : 三浦 知草

自賠責・労災ともに骨癒合が完全であることを前提とした後遺障害等級が認定されていました。ご依頼者のK.Iさまとしては、相談当時も痛みが続いており、自分の体感からすると等級や賠償額が低すぎるような印象はあるけれど、明らかにおかしいとまでは言えないし…という不安を感じていた状況でした。

後遺障害等級が繰り上がるにせよ、現等級が適正であるにせよ、納得の上で先に進みたいというご希望があり、専門医の意見も聞いて進められるという点を評価いただきご依頼に至りました。

もちろん、照会の結果、今認定されている等級が適正である、という結論が出る可能性もありますが、本件のように、自賠責調査事務所や労災が、認定すべき障害を見逃しているケースもあります。等級が適正かわからない、専門家の意見を聞いてみたいという場合にはご相談いただければと思います。

交通事故被害者のための法律相談サイト
交通事故の慰謝料に対する疑問や不満をリーガルプラスが納得のいく解決までサポートします。
当サイトでは交通事故慰謝料の事例むちうちの慰謝料の相場も公開しています。