解決事例

ここではリーガルプラスがこれまでサポートした、交通事故問題の解決事例をご紹介させて頂きます。

弁護士が相手方保険会社と交渉を行うことでご依頼者の負担を軽減しつつ、後遺障害認定から示談交渉まで粘り強く行い、納得のいく賠償を受けることができた事案

リーガルプラスご相談後の取得金額

相談後 218万円

当事者の情報

依頼者名:N.Tさま

職業:会社員

年齢:60歳代

事故年:2018年

解決年:2019年

解決方法:示談交渉

弁護士費用特約の有無:特約「あり」

事例の概要

治療中から後遺障害診断書の作成方法等についてアドバイスの上、当事務所で後遺障害申請を行わせていただき、後遺障害等級14級が認定されました。

事故発生状況

事故態様

(加害者)自動車 対 自動車(被害者)

依頼者が優先道路を走行していたところ、一時停止のある左側の道から飛び出してきた加害者と衝突。

解決までの道のり

被害者は、治療段階で身体に痛みを抱えて、自分で保険会社とのやりとりをしながら治療を続けていくことに不安な状況で、ご相談に来られました。当事務所の受任後は、弁護士が保険会社との間に入って治療終了までサポートさせていただき、後遺障害申請も行った結果、後遺障害等級14級が認定されて被害者の納得のいく賠償を受けることができました。

当事務所が関わった結果

治療段階からサポートさせていただいて後遺障害が認定された後、それを前提に逸失利益等を含めて裁判基準の適切な賠償金額を請求しました。当初、保険会社は、こちらの請求内容と大きく乖離した低い提示をしてきていましたが、被害者としては納得できなかったこともあり、粘り強く交渉した結果、請求額満額の支払いに保険会社が応じました。

「解決のポイント」

適切な通院

交通事故被害者の中には、痛みなどの症状が残っているけれども、通院が面倒になって早期に通院頻度が少なくなったり、治療を終えてしまう人がいます。しかし、症状が残っているのであれば、必要な限り長く間を空けずに通院を続けることをおすすめします。症状改善のために医師の下で治療を受けることが大事であることは当然ですが、通院をしないと被害者に症状が残っていたことやその程度が記録に残らず、後遺障害認定や慰謝料算定の場面で不利になることがあります。

本件では、被害者が半年程度、しっかりと通院を続け、医師に細かく症状を伝えていた結果、後遺障害申請や慰謝料額等の交渉を適切に進めていくことができました。

担当弁護士による事例総括
担当弁護士 : 村田 羊成

弁護士にご相談いただければ、治療段階から治療期間や通院頻度、医師とのコミュニケーション等について、後遺障害申請や示談交渉を見据えて必要なアドバイスをさせていただくことができます。事故に遭ってしまった時には、お早めに弁護士にご相談されることをおすすめします。

交通事故被害者のための法律相談サイト
交通事故の慰謝料に対する疑問や不満をリーガルプラスが納得のいく解決までサポートします。
当サイトでは交通事故慰謝料の事例むちうちの慰謝料の相場も公開しています。