解決事例

ここではリーガルプラスがこれまでサポートした、交通事故問題の解決事例をご紹介させて頂きます。

保険会社からの不当に低額な示談提案に対し、弁護士が粘り強く交渉した結果、当初提案額からの大幅な増額に成功した事案

リーガルプラスご相談後の取得金額

相談前 154 万円

相談後 315万円

増額倍率2

当事者の情報

依頼者名:T. Gさま

職業:主婦

年齢:30歳代

事故年:2017年

解決年:2019年

解決方法:示談交渉

弁護士費用特約の有無:特約「なし」

事例の概要

保険会社から依頼者に不当に低額な示談提案がされていましたが、弁護士が入って粘り強く交渉した結果、当初提案額からの大幅な増額に成功しました。

事故発生状況

事故態様

(加害者)車 対 車(被害者)

依頼者が交差点右折時に停車していたところ、前方不注視の相手が追突。

解決までの道のり

依頼者は、当交通事故により、頚椎捻挫・腰椎捻挫・右下腿腓腹部打撲傷の怪我を負い、病院に通院しました。

治療終了後、保険会社を通じて後遺障害申請手続を行い、併合14級が認定された後、保険会社からの示談提案を持ってご相談に来られました。

弁護士が交渉した結果、当初の保険会社提案額(154万2919円)から大幅に増額した金額(315万円)で示談することができました。

当事務所が関わった結果

保険会社は、休業損害・傷害慰謝料・後遺障害慰謝料・後遺障害逸失利益等各損害費目にわたり不当に低い金額で提案をしていました。

弁護士が交渉した結果、当初提案から大幅に増額した金額で示談することができました。

「解決のポイント」

各損害費目を細かくチェック

交通事故被害者に賠償される損害の費目は、治療費・通院交通費・休業損害・慰謝料・後遺障害慰謝料・後遺障害逸失利益等、多岐にわたります。

保険会社はどうにか賠償額を低くしようとしてほとんどの損害費目において、弁護士や裁判所とは異なる考え方で計算し、低額の提案を行います。

今回のケースでは、事故資料から、各費目を細かくチェックし、弁護士基準で再計算して交渉したところ、各費目で増額に成功し、結果として当初提案から大幅な増額をした金額での示談解決となりました。

担当弁護士による事例総括
担当弁護士 : 村田 羊成

交通事故で賠償されるべき損害費目は多岐にわたり、特に後遺障害が認定されていると、計算は、より複雑になります。

そのため、交通事故被害者の中には、どのような費目の損害が交通事故の損害として認められるのか、実際に各費目の金額の計算をどのように行えばいいのか、という部分がよく分からないという方も多いと思います。

保険会社からされた示談提案を弁護士がチェックしてみると、本来認められるべき損害の費目が抜けていたり、各損害費目の計算が過少にされているということがよくあります。

したがって、交通事故被害に遭われた場合、保険会社と示談する前に一度は弁護士に相談することをお勧めいたします。

交通事故被害者のための法律相談サイト
交通事故の慰謝料に対する疑問や不満をリーガルプラスが納得のいく解決までサポートします。
当サイトでは交通事故慰謝料の事例むちうちの慰謝料の相場も公開しています。