解決事例

ここではリーガルプラスがこれまでサポートした、交通事故問題の解決事例をご紹介させて頂きます。

保険会社が事故後早々に一切の賠償金支払いを拒絶、弁護士が交渉した結果、ご依頼者のご希望に沿ったかたちで解決した事案

受傷部位
後遺障害等級
傷病名
保険会社
担当弁護士

担当事例

リーガルプラスご相談後の取得金額

相談後 30万円

当事者の情報

依頼者名:M.Uさま

職業:会社員

年齢:20歳代

事故年:2017年

解決年:2018年

解決方法:裁判

弁護士費用特約の有無:特約「あり」

事例の概要

保険会社が事故後早々に一切の賠償金支払いを拒絶した事案です。

事故発生状況

事故態様

(加害者)車 対 車(被害者)

依頼者が信号待ちで停車中、後方から運転してきた加害者が依頼者の運転する車両に追突。

解決までの道のり

事故直後、保険会社の担当者は賠償金の支払いは当社が対応しますのでご安心くださいと話していたにもかかわらず、事故発生から10日後、突如、治療費等の支払いをしませんと一方的な連絡をしてきました。

依頼者は困惑し、複数の弁護士事務所を訪れたものの依頼には至らず、当事務所にご来所され、ご依頼いただくこととなりました。

私が受任した時点で、依頼者は何らの賠償も受けられておらず、自費で通院していました。

当事務所が関わった結果

保険会社の担当者は、話合いどころか、資料の送付にすら応じませんでした。

私から何度か連絡をしましたが、終始まともに対応することはなく、突如として弁護士に依頼し、債務不存在確認訴訟を提起してきました。

加害者は、本件事故は軽微なものであり、依頼者は怪我をしていなかったと主張していたものの、裁判所においてそのような主張は認められず、最終的には和解により解決しました。

「解決のポイント」

因果関係の有無

加害者は、本件事故は車の損害が比較的軽微であったため、そのような事故態様で被害者が怪我を負うはずはないと主張していました。

私は、車両の傷の位置や停車位置等から、加害者の走行状況や速度、依頼者に加わった衝撃の程度や方向について詳細な主張・立証を重ね、また、自動車工学上の解析から依頼者が本件事故により怪我をしたことを立証しました。

その結果、裁判所は、本件事故により依頼者が怪我をしたことを認めました。

早期解決の希望

裁判所から相当額の和解案の提示がありましたが、加害者は、依頼者は怪我をしていないという従前の主張を維持し、和解を拒絶しました。

裁判所の和解案は、裁判官の認定した事実に沿って作成されるものであるため、和解が決裂し判決となった場合、当該和解案に近い金額の判決となることが多いと考えられています。

しかし、判決を取得するには依頼者が裁判所において尋問を受ける必要がありました。また、判決が出されれば、加害者は控訴することも考えられました。この場合、判決までに半年、控訴審で半年と、さらに1年ほどの期間を要する可能性がありました。

なお、交通事故の被害者の尋問は、事故の状況や治療の経過を中心に話してもらうので、他の証人尋問と比較するとそれほど負担の大きいものではありません。

依頼者は、仕事を休んでまで裁判所に出廷しなくてはならないこと、負担が大きくないとはいえ、尋問に応じなくてはならないこと、解決まで1年ほどの期間を要する可能性があること、訴訟が継続していることで精神的な不安があること等を踏まえ、私と何度も協議した結果、低額な和解でも構わないから早期に解決してほしいという結論を出されましたので、再度金額を調整のうえ、和解により解決することとなりました。

担当弁護士による事例総括
担当弁護士 : 今井 浩統

訴訟で提出された証拠を見る限りでは、本件の保険会社の担当者は、本件事故発生から支払拒絶の10日までの間に、本件事故と依頼者の受傷を否定するような調査をしたという形跡は全くありませんでした。

交通事故の被害者という弱い立場にある人に対し、交通事故を日常的に扱う保険会社の担当者が何ら調査をすることなく、怠慢により支払拒絶をするという対応には大いに問題があると感じています。残念ながらこのような担当者にあたってしまい、二次被害に遭ってしまわれる被害者の方は一定数おられます。

本件は私が依頼を受けた後に債務不存在確認訴訟を提起されたというものでしたが、弁護士に依頼しておらず、裁判経験のない方が、いきなり訴訟を提起されれば、損害賠償請求そのものを諦めてしまいかねないものです。

交渉段階であればご自身で対応される方も多くいらっしゃいますが、訴訟になってからは専門家でなくては対応できないところが多々ございます。万が一、そのような状況になってしまった場合には、早急に弁護士に相談してください。

弁護士の業務は、専門的な知識と経験を有し、依頼者のサポートや依頼者に代わって事件を解決することです。弁護士は、依頼者のお気持ちに沿って解決の努力をしますので、金銭のみを追求するということはありません。

本件も、依頼者が経済的なメリット・デメリットと精神的なメリット・デメリットについて、依頼者自身の価値観で考え、和解に応じるという判断をされましたので、そのような希望に沿えるよう和解の努力をしました。

保険会社の対応については大いに問題を感じるところではありますが、最終的に、依頼者が治療費等実費を負担することのない金額で早期に和解することができました。

交通事故被害者のための法律相談サイト
交通事故の慰謝料に対する疑問や不満をリーガルプラスが納得のいく解決までサポートします。
当サイトでは交通事故慰謝料の事例むちうちの慰謝料の相場も公開しています。