解決事例

ここではリーガルプラスがこれまでサポートした、交通事故問題の解決事例をご紹介させて頂きます。

主婦としての休業損害を女性の平均年収をもとに主張した結果、慰謝料・休業補償ともに裁判基準とほぼ同等の金額で示談できた事案

受傷部位
後遺障害等級
傷病名
保険会社
担当弁護士

担当事例

リーガルプラスご相談後の取得金額

相談前 63 万円

相談後 91万円

増額倍率1.4倍

当事者の情報

依頼者名:M.Rさま

職業:主婦

年齢:20歳代

事故年:2017年

解決年:2018年

解決方法:示談交渉

弁護士費用特約の有無:特約「あり」

事例の概要

依頼者がお持ちになった保険会社の示談提案を弁護士基準(裁判基準)で計算し直して交渉した結果、慰謝料と休業損害の大幅アップに成功しました。

事故発生状況

事故態様

(加害者)車 対 車(被害者)

依頼者が交差点で信号待ちをしていたところ、前方不注視の相手が追突。

解決までの道のり

依頼者は、当交通事故により、頚椎捻挫の怪我を負い、病院に通院しました。

治療終了後、保険会社からの示談案の提示が来た段階で当事務所が受任させていただきました。

弁護士が交渉した結果、当初の保険会社提案額(63万円)から大幅に増額した金額(91万846円)で示談することができました。

当事務所が関わった結果

保険会社は、保険会社の基準で損害額を主張しており、慰謝料と休業損害については特に低額な提案をしていました。

弁護士が交渉した結果、慰謝料、休業損害ともに、裁判した場合とほぼ同等の金額で示談することができました。

「解決のポイント」

主婦としての休業損害を裁判基準に

保険会社は、保険会社の基準で最低限の計算で主婦としての休業損害を提示してきました。

これに対し当方は、主婦としての休業損害を女性の平均年収をもとに計算し直して、請求しました。

その結果、保険会社は当方の主張を認め、休業損害を大幅に増額した内容での示談となりました。

担当弁護士による事例総括
担当弁護士 : 村田 羊成

依頼者がお持ちになった保険会社の示談案を、弁護士の目線でチェックすると、非常に低額な提案がなされていた事案でした。

主婦の方で事故に遭われた場合、仕事をしていないから休業損害は発生しないあるいは最低限の金額しか出ないと考えてしまう方もいるかと思います。

しかし、主婦の方でも、家事労働者として、女性の平均年収から休業損害の計算をすることが認められる場合があります。この場合、計算し直すと保険会社からの提示金額とは大きく違ってくる可能性が高いです。

いったい自分にどれだけの休業損害が発生しているのか、どれだけ相手に請求できるのか、よく分からないという場合には、保険会社から示談案に応じる前に、まずは一度、当事務所にご相談ください。

交通事故被害者のための法律相談サイト
交通事故の慰謝料に対する疑問や不満をリーガルプラスが納得のいく解決までサポートします。
当サイトでは交通事故慰謝料の事例むちうちの慰謝料の相場も公開しています。