解決事例

ここでは交通事故に遭い、後遺障害を負われた方の解決事例をご紹介させて頂きます。

下肢の局部の頑固な神経症状などにより¥6,700,000を獲得した事案

受傷部位
後遺障害等級
後遺障害内容
保険会社
担当弁護士

担当事例

リーガルプラスご相談後の取得金額

相談前 170 万円

相談後 670万円

増額倍率4

当事者の情報

依頼者名:E.Iさま

職業:主婦

年齢:80歳代

事故年:2014年

解決年:2017年

解決方法:裁判

弁護士費用特約の有無:特約「なし」

事例の概要

ご依頼者様はご高齢の女性で、ご依頼者様が自転車に乗車中、加害者が運転する自転車と衝突され、右足の骨を折る等の比較的重めのおけがを負われ事案でした。
主な争点は、過失相殺とご高齢の家事従事者としての損害の認定に関するものでした。

事故発生状況

事故態様

(加害者)自転車 対 自転車(被害者)

被害者の運転する自転車が、信号のない交差点を直進して通過しようとしたところ、後方から走行してきた加害者自転車が、被害者自転車を追い抜いて交差点を左折しよとしたため、被害者自転車に衝突し、被害者自転車は転倒し受傷されたという事故でした。

解決までの道のり

本件事故後、ご依頼者様は、約3か月間の入院、退院後に4か月の通院をされ、症状固定となりました。
幸い加害者が自転車保険に加入していたため、加害者の保険会社を経由して、自賠責調査事務所による後遺障害等級の審査を受けることができました。その結果、右足の骨折部位の局部の神経症状(12級13号)として後遺障害等級の認定がなされました。
その後、保険会社からご依頼者様に対し、和解案が提示されましたが、保険会社の提示金額が適正なのかご不明とのことでご相談にいらっしゃいました。
当事務所で相談されたところ、必ずしも認定された等級に応じた適正な賠償額とはいえないとは言えない金額であったため、まずは交渉事件としてご依頼頂くことになりました。
その後、当職と相手方保険会社との間で交渉を行いましたが、金額の差が大きく、交渉が難航したため、やむなく訴訟提起することになりました。
訴訟提起後は、5回の期日を経て、裁判所より和解案を提示頂き、これに基づいて解決となりました。
結果として、相手方保険会社の事前の提示額より約500万円程増額することができました。

当事務所が関わった結果

訴訟では、過失割合とご高齢の家事従事者としての損害の認定が問題となりました。
①過失相殺について
自転車事故の場合、警察によって自転車事故報告書等の資料が作成されているケースもあります。まずはこれらの資料を弁護会照会によって入手し、ご依頼者様からの事故状況に関してのヒアリングを行い、事故現場に赴いて写真撮影をして報告書にまとめる等の調査活動を行いました。
また、近時、自転車同士の事故でも過失割合基準の試案が公表されております。そこで過去の裁判例や上記試案等を検討し、ご依頼者様に有利に働くよう主張を展開しました。
結果として、過失割合については当方の主張どおりの和解案を提示いただけました。
②ご高齢の家事従事者としての損害について
ご依頼者様からご事情をお伺いし、日常生活や家事においてどのような支障を感じておられるかについて陳述書等を作成する、ご自宅を訪問し生活状況を写真で撮影させていただくなどの調査を行いました。
また、実際に家事に従事していらっしゃる様子を立証するため、ご家族からもご事情をお伺いし陳述書を作成することや、ご依頼者様の身体・健康状況に関する資料を市役所等から取り寄せるなどの調査活動も行いました。
結果としては、現役世代の方と比べると限定的ではありましたが、家事従事者としての逸失利益性が一定程度あることを踏まえた和解案を提示いただくことができました。

担当弁護士による事例総括
担当弁護士 : 牧 成明

自転車同士の事故については、近時ご相談をお受けすることがしばしばございます。
自動車事故の場合と異なり、まだまだ保険制度が浸透していない等の事情もあり、現実的な賠償を獲得できるか事案によっても異なってきます。
また、自転車事故の場合、過失割合についても事件ごとに個別の分析を要する度合いが高い傾向にあると思われます(言い換えれば自転車事故の場合、過失割合についての見込みを立てにくい傾向があるとも言えます)。
さらに、本件はご高齢の主婦の逸失利益性(休業損害や後遺障害による逸失利益)についても問題となる事案でした。この問題は、被害者ごとに健康状態や生活状況も様々で、一概に論じにくい難しい面があります。最終的にはどのように家事従事者としての労働の実態を立証していくのか事案ごとに工夫を要します。
このような問題にお悩みの場合には、弁護士に相談されることをお勧めします。

交通事故被害者のための法律相談サイト
交通事故の慰謝料に対する疑問や不満をリーガルプラスが納得のいく解決までサポートします。
当サイトでは交通事故慰謝料の事例むちうちの慰謝料の相場も公開しています。