弁護士費用特約について

弁護士費用が実質無料になる、
弁護士費用特約って?

「相談したいけど、弁護士費用って高いのでは?」とためらう方に知っていただきたい「弁護士費用特約」の存在。ご加入中の自動車保険や火災保険に「弁護士費用特約」がついている場合、実質無料で弁護士にご依頼できます。今すぐご加入の保険をご確認ください。

「弁護士費用特約」とは

「特約」とはオプション。つまり、自動車保険や火災保険にオプションでつけられる商品です。そのひとつが「弁護士費用特約」です。
弁護士費用特約は年間1,500~2,000円程度の掛け金で、交通事故の被害にあったときの弁護士費用を最大300万円まで保険会社が支払ってくれるというものです。

ご家族加入の「弁護士費用特約」も利用できます

「弁護士費用特約」は加入しているご本人だけでなく、ご家族のものも利用できる可能性があります。各保険会社によって適用範囲は異なりますが、保険加入者の配偶者(妻や夫)、同居している親族、一人暮らしをしている子ども(未婚)などにも適用されます。また、ご親族でなくとも契約している自動車が交通事故にあった際に搭乗していた人も弁護士費用特約の補償対象となる場合もあります。つまり、知人や友人、恋人などでも補償の対象となります。
このように、弁護士費用特約は広い範囲で利用することができます。ご自身が加入していなくても使える可能性がありますので、今一度確認することをおすすめします。

「弁護士費用特約」を利用しても保険料は上がりません

「弁護士費用特約」を使って弁護士に依頼したからといって、翌年の保険料が上がることはありません。ご本人にとってデメリットは一切生じませんので、積極的にご利用ください。

「弁護士費用特約」を是非ご利用ください!

ご自身の保険に「弁護士費用特約」をつけている人は1,400万人を超えているにも関わらず、実際に利用された件数は1万件以下となっています(平成22年度調べ)。
多くの場合「加入していることを忘れている」、「加入しているけれど内容がよくわからないので使わない」ことが原因と考えられます。
また、交通事故においてご自身の過失割合がまったくない場合にのみ弁護士特約が使えると思われがちですが、ご自身に過失がある場合でも利用は可能です。
弁護士費用特約を利用したことによるデメリットは一切ありません。せっかく加入されている弁護士費用特約なのですから、利用できる際には積極的にご利用ください。

「弁護士費用特約」では、自分で弁護士が選べない?

「弁護士費用特約」を利用する場合、保険会社によっては「指定した弁護士に依頼しないと弁護士費用特約の利用を許可しない」、あるいは「提携している弁護士事務所はこちらです」と特定の弁護士の紹介があります。
実際には弁護士費用特約の利用は保険会社と提携している弁護士でなくても利用は可能ですが、契約内容(約款)を確認する必要があります。リーガルプラスに依頼される場合には、ご来所時に弁護士にご相談ください。

「弁護士費用特約」を利用する際の注意点

「弁護士費用特約」で支払われる弁護士費用の上限は多くの場合1事故につき300万円までとなっています。ほとんどのケースでは300万円に収まるため、ご利用をおすすめしていますが、重篤な後遺障害の場合は賠償金額が高額になるため、自ずと弁護士費用も上がります。また、長期の裁判にもつれこんだ場合にも上限を超える場合があります。
その場合には、リーガルプラスではご相談時にあらかじめお伝えし、被害者の方のご負担にならないよう、費用形態をご説明させていただいていますので、お気軽にご相談ください。

「弁護士費用特約」を賢く利用して、交通事故問題の早期解決を。

交通事故問題の解決は「後遺障害等級の認定」手続きや示談交渉などの経験が豊富な専門家に依頼することで、スムーズに交渉が進み、早期解決につながります。また、被害者ご本人は煩わしい手続きや交渉ごとから解放され、治療に専念することができます。そして、なによりも賠償金や慰謝料の増額につながる可能性もあります。
「弁護士費用特約」を賢く利用して、弁護士のサポートのもと、交通事故問題を解決しましょう。

まずは「お電話」「無料相談予約フォーム」からご予約ください。

関連リンク