破産・個人再生

借金整理の方法

借金整理の方法は、借金の総額、所有する財産、収入の有無や金額、住宅ローンを払い続けるかなどによって様々な方法があります。
リーガルプラスの弁護士にご相談いただくことで、ベストな借金整理の方法と解決までの見通しが明らかになります。

まずは返済と取り立てをストップ

「リーガルプラス」の弁護士は法律の力を使って、返済と取り立てをストップすることができます。

弁護士への依頼の大きなメリットは、「返済や取り立てを、一時的にストップできる」ということです。
ご依頼後、弁護士は各種金融機関やクレジット会社に対して、受任通知を送ります。通知を受け取った金融機関などは取り立てや催促ができなくなります。

破産

すべての借金を帳消しにしてイチから再スタート

多額の借金も返済する必要がなくなります。
裁判所の自己破産手続きを利用して借金を減額・帳消しにすることは、国が認める生活再建のための「正当な解決方法」です。
生活のために、病気の治療のために、事業を続けるため、住宅ローン・・・
借入れ原因は様々でしようが、「これ以上、返済を続けることが難しい」といった状況になりましたら、弁護士にご相談ください。

個人再生

借入分を大幅にカットし、分割払いにできる制度です。
破産とは異なり、住宅ローンのある自宅を残して住宅ローン以外の借入れを整理することができます。
個人再生は、破産の資格制限を受けたくない時やギャンブルでの借金など破産による免責を受けられない場合の整理方法として有効です。
住宅ローンを除いた借金総額のおよそ1/5~1/10を3年~5年間で返済することが基本です(最低100万円以上)。
財産の額や総借入額により総返済額は異なります。個別の計算は弁護士にご相談ください。
再生計画案を作成して裁判所に認可をもらい、再生計画のとおりに債務を返済していくことになります。

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ・ご相談はこちらへ

0120-13-4895 メールでのお問い合わせ