離婚問題の法律相談
千葉・東京・茨城
 
0120-13-4895
(平日・土曜/ 9:00~20:00)
お問い合わせ

解決事例

夫から離婚調停を起こされ、ご依頼者は離婚は免れないと理解しつつも夫に裏切られた気持ちが強く、その気持ちを陳述書として提示し、財産分与についても有利な条件で調停が成立した事案

解説弁護士・谷 靖介

概要

20年ほど前からあまり帰ってこなくなった夫から離婚調停を起こされた。夫を信頼していたのに裏切られた、今後自分の生活がきちんと成り立つ条件で離婚をしたいとのことで、相談に来られました。

解決のポイント

本件では、夫の収入に頼って生活していた依頼者が、今後もきちんと生活していけるだけの財産分与を得ることが重要なポイントでした。また、依頼者は、「夫から裏切られた」という気持ちが強かったため、調停の手続きの中で、依頼者の意思を適切な形で伝えていくことも重要であったと考えています。

交渉の経過

既に夫側から離婚調停を起こされていましたので、ご依頼をいただいてから、直ちに依頼者の希望する条件や依頼者の心情を書面にまとめ、調停において夫側に提示しました。
夫側からは大きな反論はなく、早期に合意に至り、調停が成立いたしました。

当事務所が関わった結果

依頼者が望む財産分与についてきちんとヒアリング、調査し、目録を作成して相手方に提示しました。また、本件では、依頼者は、離婚は免れないと理解しつつも、夫に裏切られたという気持ちが強かったため、依頼者の心情を陳述書という形にまとめ、相手方に提示した結果、財産分与について、こちらにかなり有利な条件で調停成立に至ることができました。

解決事例一覧にもどる