離婚問題の法律相談
千葉・東京・茨城
 
0120-13-4895
(平日・土曜/ 9:00~20:00)
お問い合わせ

離婚の種類・手続き

離婚協議

夫婦が離婚について話し合い、離婚届に判子を押した上で、離婚届を市区町村へ提出すると離婚(協議離婚)は成立します。現実の離婚の80%以上は協議離婚によるものとされています。

協議離婚は非常に簡単な手続きで成立してしまうため、離婚後の生活に向けてしっかりと準備せずに離婚してしまい、養育費・財産分与・慰謝料等の取り決め内容が曖昧になったため、後々非常に大きな問題が発生することがあります。

離婚後のトラブルを避けるためには、適正で法的効力の整った離婚協議書を作成することが重要です。離婚することに合意しない場合や子どもの親権や金銭条件が整わないため離婚が進まない場合は、家庭裁判所での調停や裁判になります。

離婚協議書はなぜ重要か?

ほとんどの協議離婚では、第三者が介入することなく、当事者同士での同意で離婚の条件を決めます。そのため、離婚時の口約束や念書の内容を相手が守らない場合が多く発生します。
離婚協議書をしっかり作らなかった結果、離婚後も相手と長い期間相手とお金のトラブルが続く、生活が苦しくなる、家庭裁判所での調停や裁判になる、などの事態が発生してしまうからです。
離婚後に遡って請求は可能ですが、非常に困難が伴いますし、何よりも精神的苦痛がとても大きいのです。
そのため、離婚時にしっかりとした離婚協議書を作成することがとても重要になります。

離婚協議書作成のポイント

特に問題になりやすい事柄としては、養育費、慰謝料、財産分与があります。

夫婦双方が全ての財産を公開し、双方が納得するように分けるのが理想ですが、現実には、お互いの財産状態がハッキリわからない、隠れた借金があるなどのケースが多々あります。
もし、相手が財産を隠していると疑われる場合は、弁護士にご相談ください。
離婚における財産調査のプロが財産を調査し、最適な分与を実現させます。