離婚問題の法律相談
千葉・東京・茨城
 
0120-13-4895
(平日・土曜/ 9:00~20:00)
お問い合わせ

財産分与の対象財産

未払い分の婚姻費用

未払いの婚姻費用(生活費)がある場合に、実務では、財産分与で考慮できるという扱いをしています。

この問題は、婚姻費用支払い義務者からすると全額支払わせるのは負担が大きく、権利者からすると未払いによって財産形成をしておりそれを財産分与で考慮すべき、という視点から公平を図ることになります。

過去何年分か、未払い婚姻費用の何割が妥当かは個々の裁判官の判断にも左右されますので、現在の実務では明確な基準がありません。

別居に至った経緯、精算的財産分与の金額、別居後の両者の生活レベル、子供の有無、こういった要素を総合的に判断することになります。