離婚問題の法律相談
千葉・東京・茨城
 
0120-13-4895
(平日・土曜/ 9:00~20:00)
お問い合わせ

離婚と子ども

離婚が子どもに与える影響

離婚は子どもの親権や養育費、メンタルケアもきちんと行う責任があります。
離婚は子どものことを第一に考えて進めていく必要があります。
離婚が子どもに与える影響について年齢別にまとめましたのでご紹介します。

乳児への影響

乳児は親との愛情を肌で感じて実感していく時期であり、親子の絆を深め合うためには非常に大切な時期になります。
離婚で気持ちが落ち込むことも多いとは思いますが、乳児としっかりコミュニケーションを取ることが重要です。

幼児への影響

幼児の場合、法律的な離婚の側面は理解できないまでも、もう一人の親が家に戻らない生活であることを理解します。
そのため、感情が大きく変化し、泣くことや癇癪を起こす場合もあります。
親の愛情を得たいが故か、お漏らしなどの退行現象が生じる場合もあります。

また、子どもが自分が悪い子だから親がいなくなってしまったのではないか、今の育てている親も自分を捨てるのではないか、といった大きな不安を抱くこともあります。
しっかりと時間をかけて説明して子どもの不安を取り除くようにしましょう。
子どもの情緒安定のためにも、監護している親は、監護していない親との面会交流を積極的に行わせてください。

小学生への影響

高学年生になると離婚自体に反対の意を示すことも多くなります。
また、 離婚をすると、親に裏切られた気持ちになり、集中力が欠ける、感情の起伏が激しくなる、将来への不安を感じる、非行に走る、などの危険もあります。
子どもの心身の変化に敏感になってください。
子どもの情緒安定のためにも、監護している親は、監護していない親との面会交流を積極的に行わせてください。
また、一人での子どもへの対応が難しい場合は、同居親族や友人、教師、カウンセラーなどの力を借りるのも一つの手段です。

中学生や高校生への影響

離婚の問題は理解できますが、家族が崩壊してしまうことに深い悲しみを抱き、将来の結婚観への影響などもあります。
深い悲しみや失望感ゆえ、怒りや苛立ちなどの感情が湧き上がり、非行に走ってしまうような事態も心配されます。
子どもへの説明や心身のケアも頭に入れて決断するようにしてください。
また、離婚した相手を非難したり、悪く言うようなことはできるだけ避けるべきです。
子どもの情緒安定のためにも、監護している親は、監護していない親との面会交流を積極的に行わせてください。