離婚問題の法律相談
千葉・東京・茨城
 
0120-13-4895
(平日・土曜/ 9:00~20:00)
お問い合わせ

不倫(浮気・不貞)と慰謝料

不貞慰謝料の反論①破綻の抗弁

不貞が民法上の違法行為とされるのは、被害者の『結婚生活の平和』という権利利益が害されるからです。

そのため、守られるべき権利利益がない状態、すなわち、夫婦の婚姻関係が破綻していた場合には、権利侵害がないとして、破綻の抗弁です(最高裁判決平成8年3月26日)。

破綻状態か否かについては、

  • 家族旅行や行事等
  • 性交渉
  • 同寝室での就寝
  • 一方が家計管理
  • 夫婦のコミュニケーションや生活への関心

などが重要になります。

現実の裁判では、 この破綻の抗弁がよく問題になります。