離婚問題の法律相談
千葉・東京・茨城
 
0120-13-4895
(平日・土曜/ 9:00~20:00)
お問い合わせ

不倫(浮気・不貞)と慰謝料

不倫(不貞行為)の慰謝料の算定要素

不倫の慰謝料額は、事案ごとに異なりますが、裁判所が認める慰謝料の金額は平均的には、数十万円~300万円の範囲内となることが多いようです。裁判例でとりあげられた算定要素としては、以下のようなものがあります。

  1. 当事者の年齢
  2. 婚姻期間、婚姻生活の状況、被害者の落ち度
  3. 不貞の態様

不貞は婚姻共同生活の平穏を害するもので、婚姻期間が長く、婚姻生活が円満であればあるほど、認められる慰謝料額が高額となります。婚姻生活が円満でない場合や配偶者の不貞行為について被害者側に落ち度があった場合は、慰謝料が減額されることになります。

不貞期間が長いほど、不貞相手が自らの行為は不貞にあたると明確に認識している、不貞行為の回数が多い、不貞の主導が不貞相手、不貞相手の妊娠や出産、生じた被害(離婚、うつ病などの精神的苦痛、被害者に幼い子がいるか)なども慰謝料の増額要素となります。

慰謝料が認められる「損害」とは?

慰謝料の裁判となった場合、被害者の損害分として、①慰謝料の10%分の弁護士費用、②調査会社の費用の一部が認められることがあります。