離婚問題の法律相談
千葉・東京・茨城
 
0120-13-4895
(平日・土曜/ 9:00~20:00)
お問い合わせ

解決事例

夫側の借金で夫婦生活が破綻。裁判所で双方の主張を汲み取った形で和解が成立。

弁護士・谷 靖介

概要

この事例は離婚の裁判を訴えられた側です。ご依頼者は夫側で、被告側です。訴えた側は妻側で原告になります。
この事案は、夫側がかなり大きな借金を背負い、夫婦生活がうまくいかなくなり、奥さんが子供を連れて別居を開始して、その後離婚の訴訟になってしまったという事案です。

当事務所の取り組み

当初、ご依頼者のほうは離婚訴訟自体に前向きではなかったのですが、やはりそこまでいってしまいますと、実際に離婚を成立させるためにはどのような条件がよいのかを考えたほうが良いと判断しました。そこで、養育費など離婚の条件をどのようにしたらよいか、話し合いを丁寧に重ねていきました。また、奥さん側は夫婦生活がうまくいかなくなったのは夫の責任であるということを非常に強く主張してきました。しかし、夫婦生活がうまくいかなくなったのは夫側が100パーセント悪いというわけではなく、そのほかの事情なども考慮してほしいということを丁寧に主張しました。

結果

裁判所で双方の主張を汲み取った形で和解が成立しました。これは、離婚も、裁判をされた場合でも丁寧に主張していくことで、出来るだけ当事者の方に納得がいく和解が出来たという事案だといえます。

解決事例一覧にもどる