B型肝炎

B型肝炎の給付金とは

集団予防接種での注射器の使い回しが原因でB型肝炎ウィルスに感染した人、そのご家族に支払われる、国からの給付金です。

給付金は、以下の条件を基本的に満たす場合に給付されます。

  • ①B型肝炎ウィルスに感染している
  • ②満7歳までに予防接種・ツベルクリン反応検査を受けて、その時期が昭和23年7月1日から昭和63年1月27日までの間である
  • ③予防接種等以外の感染原因がない
  • ④母親が上記の「集団予防接種で感染した人」の条件を満たしている

病状別に見る給付金額の一覧

20年の除斥期間前

  • 死亡・肝臓がん・重度の肝硬変 3600万円
  • 軽度の肝硬変   2500万円
  • 慢性肝炎   1250万円
  • 無症候性キャリア  600万円

20年の除斥期間後

  • 治療中の慢性肝炎等 300万円
  • 治癒済みの慢性肝炎 150万円
  • 無症候性キャリア   50万円

B型肝炎の給付金請求手続き


無料法律相談・説明会

ご相談者の病状などを伺い、必要書類や手続きについてご説明いたします。

必要書類の収集

国への提訴を進めるために必要な書類を、医療機関で取り付けていただきます。
書類の数も複数あり大変ですが、弁護士や専属スタッフがわかりやすく説明いたします。

必要な書類の例(集団予防接種からの1次感染者の場合)

  1. 1 B型肝炎ウイルスに持続感染している資料
     医療機関での検査結果
  2. 2 満7歳になるまでに集団予防接種を受けていること
     母子手帳、または、予防接種台帳など
  3. 3 母子感染ではない資料
  4. 4 集団予防接種以外の感染原因がない資料

裁判所への提訴・和解

資料から給付金の請求の見込みがある場合、弁護士が訴状を作成し、収集した証拠書類と共に裁判所へ提出します。6か月~程度の病状に応じた金額が決定すると、国との合意内容を記載した和解調書が作成されます。手続きは全てリーガルプラスが行います。
基本的には、ご依頼者が裁判所に行く必要はありません(例外あり)。

給付金の請求・受取り

社会保険診療報酬支払基金に必要書類(和解調書や所定様式の請求書)などをし、その後、給付金が支給されます。手続きは全てリーガルプラスが行います。
当事務所からお客様の口座へ給付金が振り込まれます。

専門サイト

千葉B型肝炎訴訟相談

東京、千葉、茨城で弁護士、法律事務所をお探しなら弁護士法人リーガルプラスにお任せください。

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ・ご相談はこちらへ

0120-13-4895 メールでのお問い合わせ