解決までの流れ

まずは、「解決までの見通し」を知ることが大切です。

交通事故に遭ってしまったら、まずはご自身の状況を整理し、解決までの見通しを把握することが大事です。適正な賠償金を得るためには段階ごとに注意するポイントがいくつもありますので、弁護士に相談しながら解決を目指すことをおすすめします。

解決までの流れ

解決までの「過ごし方」について考える必要があります。

まずは治療に専念。それから入通院、治療終了後の各種手続きや解決までの流れを把握しましょう。その際に、適正な賠償金を得るために弁護士から「各段階で注意すべきポイント」についてのアドバイスを受けることをおすすめします。

入通院・治療にあたって注意するべきポイントがあります。

適正な賠償金を獲得するためには、入通院で注意すべきことがいくつもあります。後遺障害が残る可能性がある場合には「等級認定」の手続きについても考慮する必要があり、一度は弁護士に相談することをおすすめします。

「治療費打ち切り」など、対応が必要になることがあります。

加害者側の保険会社の考え方によって「治療費の打ち切り」などの可能性もあります。弁護士に依頼することで、交渉のプロである保険会社への対応も被害者に代わって行いますので、精神的、時間的な負担が大幅に軽くなります。

「後遺障害の等級認定」手続き、認定結果が正しいか確認が必要。

賠償金額の増減を大きく左右する「後遺障害」が残った場合に必要となる「等級認定」手続き。審査基準は非公開の部分もあり、交通事故問題に強い弁護士に相談し、手続きや認定結果が適切かどうかを確認することをおすすめします。

保険会社は加害者側代表。
優しいからといって、安易な和解はNGです。

示談交渉の相手は「加害者側」の保険会社です。味方ではありません。安易な交渉、和解には細心の注意が必要です。不安や対応に不満がある場合には弁護士に相談してください。

賠償金額を大きく左右する「後遺障害等級の認定」

交通事故で負ったケガが完治せずに、仕事や生活に影響の出る後遺症が残ってしまったときに認定される「後遺障害等級」。認定される等級によって賠償金額が大きく変わってくるため、損害賠償問題において非常に重要な手続きです。そんな「後遺障害等級の認定」手続きについて、詳しく解説しています。

「後遺障害等級の認定」はこちらから

後遺障害等級の認定

「後遺障害」賠償金の仕組みを知っていますか?

「後遺障害等級」が認定されたら、具体的な賠償金額の交渉が始まります。賠償金額の計算は「後遺障害等級」の他にも職業や年齢などさまざまな要因によって異なるうえ、基準がいくつもあります。加害者側の提示する金額が適切かどうか判断するためにも、賠償金の仕組みを知っておく必要があります。

「後遺障害」賠償金の仕組みはこちらから

「後遺障害」
賠償金の仕組み

「裁判」にも種類があります。

加害者の責任を刑事的に追及する「刑事裁判」、民事的に追及する「民事裁判」など、一言に「裁判」と言っても種類が異なります。ここでは、交通事故問題に関わる「裁判」について、詳しく解説しています。

民事裁判・刑事裁判についてはこちらから

民事裁判・刑事裁判
について