後遺障害10級

後遺障害10級と対象となる部位

後遺障害10級は、労働能力喪失率27%とされています。
該当する障害は以下の通りです。

①1眼の視力が0.1以下になったもの
②正面を見た場合に複視の症状を示すもの
複視とは、右眼と左眼の網膜の対応点に外界の像が結像せずにずれているために、物が二重に見える状態であり、麻痺した眼筋によって複視が生じる方向が異なります。
「複視の症状を示すもの」とは、
  • (1)本人が複視のあることを自覚していること
  • (2)眼筋の麻痺等複視を残す明らかな原因が認められること
  • (3)ヘススクリーンテストにより患側の像が水平方向または垂直方向の目盛で5度以上離れた位置にあることが確認されること
のいずれかを指します。
後遺障害10級に該当する「正面を見た場合に複視の症状を示すもの」とは、ヘススクリーンテストにより正面視で複視が中心の位置にあることが確認されたものをいいます。
複視の原因である眼筋の麻痺等は、眼球の著しい運動障害である注視野の原因でもり、「眼球の著しい運動障害」に該当する眼筋の麻痺等がある場合には、通常複視も残すことになります。
③咀嚼または言語の機能に障害を残すもの
言語の機能に障害を残すものについては、9級のページをご参照ください。
④14歯以上に対し歯科補綴を加えたもの
歯科補綴を加えたものとは、現実に喪失または著しく欠損した歯牙に対する補綴をいいます。
そのため、有床義歯または架橋義歯等を補綴した場合における支台冠または鈎の装着歯やポスト・インレーを行うにとどまった歯牙は、補綴歯数には参入しないことになります。
また、喪失した歯牙が大きいかまたは歯間に隙間があったため、喪失した歯数と義歯の指数が異なる場合は、喪失した歯数により等級を決することになります。
⑤両耳の聴力が1メートル以上の距離では普通の話声を解することが困難である程度になったもの
両耳の平均純音聴力レベルが50デシベル以上のもの、または、両耳の平均純音聴力レベルが40デシベル以上であり、かつ、最高明瞭度が70%以下のものをいいます。
⑥片耳の聴力が耳に接しなければ大声を解することができない程度になったもの
片耳の平均純音聴力レベルが80デシベル以上90デシベル未満のものをいいます。
⑦片手の親指または親指以外の2の手指が使えなくなったもの
指の全部を使えなくなったものとは、(1)手指の末節骨の半分上を失ったもの、または(2)中手指節関節もしくは近位指節間関節に著しい運動障害をきたしたものをいいます。
⑧片脚を3センチメートル以上短縮したもの
⑨片足の親指または親指以外の4本の足指を失ったもの
⑩片腕の3大関節中の1関節の機能に著しい障害を残すもの
⑪片脚の3大関節中の1関節の機能に著しい障害を残すもの

後遺障害のご相談は無料です。

当事務所は成功報酬ですので、被害者の方の自己負担は実質0円です。ご質問やお問い合わせもお気軽にどうぞ。

  • 面談相談0円
  • 着手金0円

ただし、弁護士費用特約が無い場合に限ります。

運営

弁護士法人リーガルプラス弁護士法人リーガルプラス

千葉の頼れる身近な弁護士を目指しています!

弁護士法人リーガルプラス
  • TEL

    9:00~20:00(平日・土曜)

  • お問い合わせ