後遺障害14級

後遺障害14級と対象となる部位

後遺障害14級は、労働能力喪失率5%とされています。
該当する障害は以下の通りです。

①眼のまぶたの一部に欠損を残し又はまつげはげを残すもの
まぶたの一部に欠損を残すものとは、閉瞼時に角膜を完全に覆うことができるが、球結膜(しろめ)が露出している程度のものをいいます。
まつげはげを残すものとは、まつげ縁(まつげの生えている周縁)の2分の1以上にわたってまつげのはげを残すものをいいます。
②三歯以上に対し歯科補綴を加えたもの
歯科補綴については、後遺障害10級のページをご参照ください。
③一耳の聴力が一メートル以上の距離では小声を解することができない程度になったもの
片耳の平均純音聴力レベルが40デシベル以上70デシベル未満のものをいいます。
④腕の露出面にてのひらの大きさの醜いあとを残すもの
⑤脚の露出面にてのひらの大きさの醜いあとを残すもの
腕や脚の露出面とは、腕にあってはひじ関節以下(下部を含む)、脚に合ってはひざ関節以下(足背部を含む)をいいます。
2個以上の瘢痕または線状痕、および、傷治癒後の黒褐色変色または色素脱色による白斑等に係る取扱いについては、永久的に残ると認められ、かつ、人目に付く程度のものであれば、醜状を残すものであるとされています。このときも、範囲は手のひら大の大きさであることが必要です。
⑥一手のおや指以外の手指の指骨の一部を失つたもの
⑦一手のおや指以外の手指の遠位指節間関節を屈伸することができなくなったもの
⑧一足の第三の足指以下の一又は二の足指がつかえなくなったもの
⑨局部に神経症状を残すもの
程度としては、12級よりも程度のものが該当するとされています。神経症状の有無は、医学的に証明可能かどうかで判断されます。なお、カウザルギー、RSD、CRPS、繊維筋痛症については特殊な神経症状として別の基準によって認定されることになります。
判断するための資料としては、X線、CT、MRI、脳血管撮影などの画像診断の他、脳波検査、深部反射検査、病的反射検査(上司のホフマン、トレムナー、下肢のバビンスキー反射、膝クローヌス、足クローヌスなど)、スパーリングテスト、ジャクソンテスト、筋電図検査、神経伝導速度検査、知覚検査、徒手筋力検査(MMT)、筋委縮検査などの検査結果をもとに判断されます。
抹消神経に障害に関する等級認定は、原則として、損傷を受けた神経の支配する身体各部の期間における機能障害に係る等級により認定することとなるとされています。

後遺障害のご相談は無料です。

当事務所は成功報酬ですので、被害者の方の自己負担は実質0円です。ご質問やお問い合わせもお気軽にどうぞ。

  • 面談相談0円
  • 着手金0円

ただし、弁護士費用特約が無い場合に限ります。

運営

弁護士法人リーガルプラス弁護士法人リーガルプラス

千葉の頼れる身近な弁護士を目指しています!

弁護士法人リーガルプラス
  • TEL

    9:00~20:00(平日・土曜)

  • お問い合わせ