後遺障害11級

後遺障害11級と対象となる部位

後遺障害11級は、労働能力20%とされています。
該当する障害は以下の通りです。

①両眼の眼球に著しい調節機能障害または運動障害を残すもの
②両眼のまぶたに著しい運動障害を残すもの
まぶたに著しい運動障害を残すものとは、開瞼時に瞳孔領を完全に覆うものまたは閉瞼時に角膜を完全に覆いえないものをいいます。
③一丸のまぶたに著しい欠損を残すもの
まぶたに著しい欠損を残すとは、閉瞼時に角膜を完全に覆うことができるが、球結膜(白目)が露出している程度のものをいいます。
④10歯以上に対し歯科補綴を加えたもの
補綴については、後遺障害10級のページをご参照ください。
⑤両耳の聴力が1メートル以上の距離では小声を解することができない程度になったもの
両耳の平均純音聴力レベルが40デシベル以上のものをいいます。
⑥片耳の聴力が30センチメートル以上の距離では普通の話声を解することができない程度になったもの
片耳の平均純音聴力レベルが70デシベル以上80デシベル未満のもの、または片耳の平均純音聴力レベルが50デシベル以上でありかつ最高明瞭度が50%以下のものをいいます。
⑦脊柱に変形を残すもの
脊柱に変形を残すものとは、(1)脊椎圧迫骨折等を残しており、そのことがX線写真等により確認できるもの、(2)脊椎固定術が行われたもの(移植した骨がいずれかの脊椎に吸収されたものを除く。)、(3)3個以上の脊椎について、椎弓切除等の椎弓形成術を受けたものをいいます。
⑧片手の人差し指、中指または薬指を失ったもの
⑨片足の第1の足指を含み2以上の足指が使えなくなったもの
⑩胸腹部臓器の機能に障害を残し、労務の遂行に相当な程度の支障があるもの

後遺障害のご相談は無料です。

当事務所は成功報酬ですので、被害者の方の自己負担は実質0円です。ご質問やお問い合わせもお気軽にどうぞ。

  • 面談相談0円
  • 着手金0円

ただし、弁護士費用特約が無い場合に限ります。

運営

弁護士法人リーガルプラス弁護士法人リーガルプラス

千葉の頼れる身近な弁護士を目指しています!

弁護士法人リーガルプラス
  • TEL

    9:00~20:00(平日・土曜)

  • お問い合わせ