後遺障害等級認定について

「後遺障害」とは

後遺障害等級認定について交通事故によって回復しない身体・精神機能の不調が発生し、これが労働能力の喪失を伴い程度であった場合、これを後遺障害として認定を受けることができます。
後遺障害は1級から14級の等級に分けられており、専門的機関(損害保険料率算出機構)の行う障害の程度評価によって等級が認定されます。この等級認定は原則として労働災害補償保険における障害の等級認定の基準に準じて行われることになります。

後遺障害と認定されるために必要なこと

  • ①交通事故によるケガと残ってしまった症状との間に因果関係があり、
  • ②今後時間が経過しても状態が改善される見込みがないことが、
  • ③医学的な観点から認められ、
  • ④その結果、労働能力の喪失(働いて収入を得る力が一定程度衰えてしまった)がみられること

そして、後遺障害は将来においてもまず機能回復はしないだろうと見込まれる状態を念頭に置いており、被害者の今後の稼働期間にわたって労働能力の欠損状態が継続し、収入の低下などの継続的不利益が発生するという前提で損害賠償の計算が行われます。

適正な行為障害等級認定を受ける方法

後遺障害認定には、大きく分けて3通りの手続過程があります。

  • ①被害者が自賠責保険の直接請求を行うもの(「被害者請求」といいます。)
  • ②加害者が賠償金の支払いを自らしたあとで自賠責保険に請求を行うもの
     (この方法はあまり使われません)
  • ③任意保険会社経由で行うもの(「事前認定」といいます。)

これらのうち、事前認定によると、保険会社が書類の収集を行うため、事務手続を被害者側で負担しなくてよいというメリットがあります。しかし、書類の収集や取捨選択の主導権が保険会社にあるため、被害者に不利な医学的証拠が添付される可能性があるなどのデメリットがあります。

これに対して、被害者請求による方法では、被害者の側で主導権をもって書類の収集ができるため、生活状況報告書やその他の被害者側に有利な医学的証拠を添付することができます。

後遺障害認定サポート

後遺障害等級認定について弁護士法人リーガルプラスでは、交通事故被害者の方のための後遺障害認定サポートを行っております。
後遺障害認定手続では、医学的な所見を適切に認定機関に伝える必要があるため、交通事故に関する専門的な知識がある弁護士に依頼する必要があります。
当法人では、各法律事務所の弁護士が連携して交通事故対応業務に当たっており、後遺障害認定をサポートしております。

後遺障害のご相談は無料です。

当事務所は成功報酬ですので、被害者の方の自己負担は実質0円です。ご質問やお問い合わせもお気軽にどうぞ。

  • 面談相談0円
  • 着手金0円

ただし、弁護士費用特約が無い場合に限ります。

運営

弁護士法人リーガルプラス弁護士法人リーガルプラス

千葉の頼れる身近な弁護士を目指しています!

弁護士法人リーガルプラス
  • TEL

    9:00~20:00(平日・土曜)

  • お問い合わせ