耳の後遺障害

耳の構造

耳は、外耳、中耳、内耳から成り立っています。
外部から見える耳介が音波を集め、音は外耳道を通り中耳に伝わります。
中耳には、鼓膜があり、その奥に鼓室があります。鼓膜に音があたって振動を生じ、それが耳小骨を経由して内耳に伝わります。
内耳には、リンパ液で満たされている蝸牛があります。蝸牛に音波が伝わり、耳小骨の振動によって蝸牛のリンパ液が揺れると、その揺れは電気信号に変換されて蝸牛神経に伝わります。その電気信号が大脳に伝えられ、音を認知・識別します。
内耳の後方にある三半規管と前庭は身体の平衡機能を司ります。

耳の構造

耳の後遺障害

耳の障害には、聴力障害(難聴)、耳鳴りがあります。 難聴については、伝音性難聴(空気振動が十分に伝わらない状態。小さな音が聞こえにくく、言葉の明瞭さには影響が弱い)、感音性難聴(音が聞こえにくいだけでなく、音が歪む、響く、言葉がハッキリわからない状態)、混合性難聴(伝音性難聴と感音性難聴の両方の原因をもつ難聴)、 後迷路性難聴(感音性難聴のうち特に蝸牛神経から脳の障害による難聴)などがあります。

耳鳴りは、体外に音源がない状態で内耳や頭内で感じられる音をいいます。耳鳴りは外耳から聴覚中枢までの聴覚伝導路やその周辺に障害があって生じるものです。右耳、左耳、両耳や頭皮上、頭蓋内でも生じます。

耳の構造

耳の後遺障害の等級認定

障害があること自体は、争いになりにくいでしょう。 認定に際しては、交通事故の外傷により聴力障害を生じたのか、先天性聴覚障害によるものか、加齢による老人性聴覚障害が既往であったかなどが問題となります。 両耳に異なった聴力障害が残ったとしても、左右別々に等級を定め併合の方法を用いるのではなく、表に掲げられた両耳の聴力障害の該当する等級を採用されます(例えば、両耳とも聴力をまったく失った場合は、1耳ごとに認定して併合するのではなく、両耳の障害として4級3号になる)。 なお、平均感覚機能障害の扱いは、神経系統の機能障害の一部として扱われます。

耳の障害の後遺障害等級(自賠令別表2)

【両耳】

両耳の聴力をまったく失ったもの 第4級3号
両耳の聴力が耳に接しなければ大声を解することができない程度になったもの 第6級3号
1耳の聴力をまったく失い、他耳の聴力が40㎝以上の距離では普通の話声を解することができない程度になったもの 第6級4号
両耳の聴力が40㎝以上の距離では、普通の話声を解することができない程度になったもの 第7級2号
1耳の聴力をまったく失い、他耳の聴力が1m以上の距離では普通の話声を解することができない程度になったもの 第7級3号
両耳の聴力が1m以上の距離では、普通の話声を解することができない程度になったもの 第9級7号
1耳の聴力が耳に接しなければ大声を解することができない程度になり、他耳の聴力が1m以上の距離では普通の話声を解することが困難である程度になったもの 第9級8号
両耳の聴力が1m以上の距離では、普通の話声を解することが困難である程度になったもの 第10級5号
両耳の聴力が1m以上の距離では小声を解することができない程度になったもの 第11級5号

【1耳】

1耳の聴力をまったく失ったもの 第9級9号
1耳の聴力が耳に接しなければ大声を解することができない程度になったもの 第10級6号
1耳の聴力が40㎝以上の距離では、普通の話声を解することができない程度になったもの 第11級6号
1耳の聴力が1m以上の距離では小声を解することができない程度になったもの 第14級3号

【耳介の欠損】

1耳の耳殻の大部分を欠損したもの 第12級4号

聴力障害の後遺障害等級認定

聴力障害は純音による聴力レベルと語音による聴力レベルを組み合わせ、以下のように認定されます(図A~図C)。

A 1耳と他耳との聴力レベルの組み合わせによる認定基準一覧表

1耳と他耳との聴力レベルの組み合わせによる認定基準一覧表

【注】太枠内は「両耳の聴力障害」として認定するものです。
 太枠外は「1耳の聴力障害」として認定するものです。
※は両耳の聴力障害の等級としての定めがなく、1耳のみの上位の等級を認定するものも含みます。

両耳の聴力レベルと最高明瞭度との組み合わせによる認定基準一覧表

最高明瞭度

両耳聴力
30%以下 50%以下

30%超
70%以下

50%超
90db以上
90db未満

80db以上
第4級3号
80db未満

70db以上
第6級3号
70db未満

60db以上
第7級2号
60db未満

50db以上
第9級7号
50db未満

40db以上
第10級5号

【注】1両耳の(平均純音)聴力レベルとは、両耳ともその数値の範囲内にあるもの
   2両耳の(語音)最高明瞭度とは、両耳ともその数値の範囲内にあるもの

1耳の聴力レベルと最高明瞭度との組合

最高明瞭度 / 1耳聴力 50%以下
90db以上
90db未満~80db以上
80db未満~70db以上
70db未満~60db以上 11級6号
60db未満~50db以上
50db未満~40db以上

図A~Cにつき、『交通事故訴訟における典型後遺障害と損害賠償実務』(みらい総合法律事務所著、p346~348の表参照

聴力障害の立証

純音による聴力レベルおよび語音による聴力検査の結果を立証資料とします。

・標準純音聴力検査(測定)
聴力検査の中で基本かつ重要な検査です。周囲の雑音を遮蔽するために防音室で行います。
検査目的は二つあり、一つは聞こえの程度が正常か異常か、異常とすればどの程度の聞こえの悪さかということを検査することです。
もう一つは、聞こえの悪さがどの部位の異常によるものかを大まかに判断することです。
ヘッドホンをつけた状態でオージオメータ装置から周波数の純音の強さを変えて測定する方法です。音の高さ(周波数)ごとに音の強さ(大きさ)を変え、どの程度聞こえたかを測定し、聞こえる最も小さな音の大きさ(可聴閾値)を調べます。
気導聴力と骨導聴力の両方を測定します。

耳の構造

・語音聴力検査(測定)
言葉の聞き取りを検査するものです。日常会話で使われる語音、「ア」とか「イ」とかいう語音や数字が使われます。検査語音がどの程度の音の大きさだと何%正しく聞こえるかを調べる検査です。伝音性難聴は音が強ければ言葉を聞き取ることができます。蝸牛や、それより後の経路に異常がある感音性難聴では、言葉の聞き取りが不正確となります。
聴力検査(測定)には、目的によって2種類の方法があります。

・読音聴取閾値(SRT)測定
 1桁の数字リストを使って、聞くことのできる最小レベルを測定します。1行6つの数字が6行で構成され表をもとに、語音聴取閾値を把握します。

・数字語表
語音弁別測定:「あ」等の単音節リストを使って、語音をどれだけ正確に聞き取れるかを測定するものです。

・自記聴力検査
 ヘッドホンを耳に当て、器械から検査音の大小に合わせてスイッチを繰り返し押すものです。連続音と断続音で行い、内耳の機能や聴神経の働きを調べます。

・SISI検査(内耳機能検査)
 ヘッドホンから一定の間隔で20回音を聞き、音が大きくなったことに気づいたら知らせる検査です。

・聴性脳幹反応検査(ABR)
 脳波を利用した聴力検査です(ABR)。この検査は、眠っている間に音を聞かせそれに反応する脳波をコンピュータで記録し、聴力を測定するものです。
脳波の波形を分析するため、難聴の程度、障害部位を診断するにも有効です。
スイッチに頼らない判定方法のため、客観的な聴力検査が可能となります。
聞こえの神経路の障害部位の診断に有効です。

・耳音響放射検査(OAE)
 耳の中から外に向かってエコーが返ってくる現象を利用して、内耳の状態を調べる検査です。エコーは主として有毛細胞から出ているので、この検査によって外有毛細胞の健康状態がわかります。内耳の機能の検査として有効です。

・耳小骨筋反射検査(アブミ骨筋反射)(SR)
 耳小骨筋は、鼓室の中にある耳小骨に付いている筋肉で、アブミ骨筋と鼓膜張筋の二つがあります。鼓膜へ大きな音があると内耳の障害を防ぐためこれら筋肉は耳小骨の動きを制限しようと収縮します。この収縮を利用した検査です。
耳小骨筋の一つは顔面神経に支配されているので、この検査で顔面神経の障害がおおよそどこで発生したかがわかります。

耳鳴りの後遺障害

耳鳴りに係る検査によって難聴に伴い著しい耳鳴りが常時あると評価できるもの 第12級相当
難聴に伴い常時耳鳴りのあることが合理的に説明できるもの 第14級相当

「難聴に伴い」の難聴とは、平均純音聴力レベルは40db未満(聴力障害の基準に至らないレベル)であっても、耳鳴りが存在するであろう周波数純音の聴力レベルが他の周波数純音の聴力レベルが他の周波数純音の聴力レベルと比較して低下しているものをいう。

耳鳴りの検査方法

・ピッチ・マッチ検査
 耳鳴りが11周波数の純音、バンドノイズあるいはホワイトノイズのどれにもっとも似ているかを調べる方法です。使用機器はオージオメータ、耳鳴検査装置です。

・ラウドネス・バランス検査
ピッチ・マッチ検査の結果をもとにピッチの純音(または雑音)を用いて耳鳴りの大きさを調べる方法です。

・耳鳴マスキング検査(遮蔽検査)
ピッチ・マッチ検査で得られた耳鳴周波数のハンドノイズを用いて耳鳴りを遮蔽し、最少の耳鳴遮蔽レベルを調べる方法です。

耳漏の後遺障害

鼓膜の外傷性穿孔による耳漏について手術的処置を施した場合、聴力障害が後遺障害等級に該当しない程度であっても、常時、耳漏があるもの 第12級相当
外傷による高度の外耳道狭窄で耳漏を伴わないもの 第14級相当

耳介(耳かく)の欠損障害

1耳の耳殻の大部分を欠損したもの 第12級4号

 大部分を欠損したとは、2分の1以上を欠損したものをいう。耳介(耳かく)は左右で系列が異なるので、両耳の耳介を欠損した場合には、1耳ごとに等級を定め、これを併合する。
 耳介の大部分を欠損した場合には、「外貌の著しい醜状障害」となるから、男性の場合には12級14号、女性の場合には7級12号の適用が可能となる。この場合は、併合の取り扱いとはならない。
 耳介軟骨部が2分の1以上に達しない欠損であっても、これが外貌の単なる醜状の程度に達する場合には、醜状傷害として男性については14級10号、女性については12級15号が適用される。

裁判例における認定の特徴と裁判

聴覚障害はそれが単独で発症するということは少なく、頭部外傷による高次脳機能障害や頸部捻挫等の末梢神経障害とともに発症することが多いと言えます。

聴力障害については、症状が外傷時から一定時間経過後に生じるような場合、事故との因果関係が問題なることがあります。

なお、むち打ち損傷のバレ・リュー症候群は、頸椎神経の不調によって、頭痛、めまい、耳鳴り、視覚障害、疲労感、血圧低下などの自覚症状が発症するものです。

そのため、むち打ち損傷事案で、耳鳴りや聴力障害が問題となることがありますが、後遺障害認定では非該当とされることが多く、裁判例においても独自の後遺障害として認められるケースは多くはありません。

後遺障害のご相談は無料です。

当事務所は成功報酬ですので、被害者の方の自己負担は実質0円です。ご質問やお問い合わせもお気軽にどうぞ。

  • 面談相談0円
  • 着手金0円

ただし、弁護士費用特約が無い場合に限ります。

運営

弁護士法人リーガルプラス弁護士法人リーガルプラス

千葉の頼れる身近な弁護士を目指しています!

弁護士法人リーガルプラス
  • TEL

    9:00~20:00(平日・土曜)

  • お問い合わせ