脊髄損傷

脊髄障害とは

脊髄障害とは、脊椎が損傷することで発生する疾患です。
脊髄の損傷の原因としては、交通事故以外に、高所からの転落などが多くあります。
脊椎の骨折、脱臼などに伴って、脊髄も損傷されることが多くあります。

脊髄の構造

脊髄の構造

脊髄は、脳と体の各部位を結ぶ通信経路の役割を果たす神経組織です。長いチューブ状の構造になっており、脳の下部から身体の下方へと伸びています。背骨(脊柱)に脊髄は守られており、脊柱を構成する各椎骨の間には日々の身体活動の衝撃を弱める椎間板があります。
脊髄からは、脊髄神経が左右1対、一定間隔で出ています。この脊髄神経は、頭側から順に、8対の頸神経、12対の胸神経、5対の腰神経、5対の仙骨神経、1対の尾骨神経に区分されます。

脊髄の構造

脊髄損傷による症状

1 局所症状

局所の疼痛、叩打痛、変形、可動域の制限などがあります。
顔面や頭部、腰背部などの体幹にしばしば挫傷、擦過傷、打撲などもみられます。

2 麻痺

完全麻痺と不全麻痺とに分けられます。
完全麻痺では、損傷部以下の運動、知覚が消失してしまうものです。
不全麻痺は、損傷を受けた部位や程度によって症状が異なります。例えば、頸髄損傷では四肢麻痺(両側の上・下肢すべてに生じた麻痺)、胸腰髄損傷では対麻痺(両下肢の麻痺)が発症します。

3 全身症状

  • ア 循環障害
    頸髄損傷や胸髄損傷により、交感神経が遮断され副交感神経優位になることで、心筋収縮力は低下し、心拍出量の低下、除脈、血圧低下が起こります。
  • イ 呼吸障害
    損傷部位が高度である場合、重い呼吸障害に至ることがあります。人工呼吸がすぐに必要な場合や喚気不全になる場合があります。
  • ウ 膀胱直腸障害
    尿閉、残尿、失禁、排尿遅延などの症状が発症するものです。
該当症状 等級
「せき髄症状のため、生命維持に必要な身のまわり処理の動作について、常に他人の介護を要するもの」であり、以下のものが該当する。
①高度の四肢麻痺が認められるもの
②高度の対麻痺が認められるもの
③中等度の四肢麻痺であって、食事・入浴・用便・更衣等について常時介護を要するもの
④中等度の対麻痺であって、食事・入浴・用便・更衣等について常時介護を要するもの
第1級1号
「せき髄症状のため、生命維持に必要な身のまわり処理の動作について、随時介護を要するもの」であり、以下のものが該当する。
①中等度の四肢麻痺が認められるもの ②軽度の四肢麻痺であって、食事・入浴・用便・更衣等について随時介護を要するもの
③中等度の対麻痺であって、食事・入浴・用便・更衣等について随時介護を要するもの
第2級1号
「生命維持に必要な身のまわり処理の動作は可能であるが、せき髄症状のために労務に服することができないもの」であり、以下のものが該当する。
①軽度の四肢麻痺が認められるもの(上記「第2級1号」の②に該当するものを除く
②中等度の対麻痺が認められるもの(上記「第1級1号」の④又は「第2級1号」の③に該当するものを除く)
第3級3号
「せき髄症状のため、きわめて軽易な労務のほかに服することができないもの」であり、以下のものが該当する。
①軽度の対麻痺が認められるもの
②一下肢の高度の単麻痺が認められるもの
第5級2号
「せき髄症状のため、軽易な労務以外には服することができないもの」であり、一下肢の中等度の単麻痺が認められるものが該当する。 第7級4号
「通常の労務に服することはできるが、せき髄症状のため、就労可能な職種の範囲が相当な程度に制限されるもの」をいい、一下肢の軽度の単麻痺が認められるもの 第9級10号
運動性、支持性、巧緻性及び速度についての支障がほとんど認められない程度の軽微な麻痺を残すものが該当する。また、運動障害は認められないものの、広範囲にわたる感覚障害が認められるもの 第12級13号

その他、脊髄損傷による障害が単一で該当等級があるときは認定されます。

足のしびれ

脊髄損傷の認定上の問題点

脊椎の骨折など脊髄損傷が画像所見からも明白な場合や事故直後から脊髄の損傷箇所と対比できる麻痺症状が生じた場合、脊髄損傷の存在や事故と後遺障害との因果関係は争われにくい傾向にあります。
画像上脊椎の骨折などが判明せず、脊髄損傷の所見も明らかではない場合、脊髄損傷の存在や事故と後遺障害との因果関係は争われる傾向にあります。

後遺障害のご相談は無料です。

当事務所は成功報酬ですので、被害者の方の自己負担は実質0円です。ご質問やお問い合わせもお気軽にどうぞ。

  • 面談相談0円
  • 着手金0円

ただし、弁護士費用特約が無い場合に限ります。

運営

弁護士法人リーガルプラス弁護士法人リーガルプラス

千葉の頼れる身近な弁護士を目指しています!

弁護士法人リーガルプラス
  • TEL

    9:00~20:00(平日・土曜)

  • お問い合わせ