脊柱・体幹骨の後遺障害

脊柱の構造

頸椎,胸椎,腰椎,仙椎,尾椎と呼ばれる椎骨が縦列に連続となって脊柱を構成しています。
後遺障害等級の認定にあたり、仙骨及び尾骨は、脊柱とは扱われません。
脊柱の後遺障害は、頸部や体幹の支持機能や保持機能、運動機能に着目したものであるため、これらの働きに殆ど関与していない、仙骨・尾骨は、脊柱とは扱わないのです。
脊柱のうち、

  1. 頸椎(Cervical spine)は、7椎あり、C1からC7、
  2. 胸椎(Thoracic)は、12椎あり、T1からT12、
  3. 腰椎(Lumbar)は、5椎あり、L1からL5、
  4. 仙骨(Sacrum)は、5椎あり、S1からS5、

で表されます。
診断書で用いられる「C1」や「T3」などといったものは、脊柱のどこの部分が病傷したかを表示したものです。
①頸椎と、②胸椎及び③腰椎とは、原則として、異なる部位として取り扱い、それぞれの部位ごとに等級認定がなされます。

脊柱の構造
変形障害 運動障害 等級
脊柱に著しい変形を残すもの 脊柱に著しい運動障害を残すもの 第6級5号
脊柱に中程度の変形を残すもの 脊柱に運動障害を残すもの 第8級2号
(変形障害は相当等級)
脊柱に変形を残すもの   第11級7号

変形障害

【認定の条件】

①エックス線・CT・MRIなどの画像検査で、骨折や脱臼が確認できること。
 若しくは、固定術が施されていること。
(圧迫骨折では椎体の1/4が圧壊していること)
 +

【等級に差異が生じる判断】

  1. 被害を受けた椎体の個数
  2. 被害を受けた椎体の高さの減少の程度
  3. 後彎(こうわん)の発生・・・脊椎の前方への折れ曲がっていること(後方への突出)
  4. 側彎(そくわん)の角度数・・・脊柱が左右に曲がったり捻じれていること
脊柱の構造

脊柱の変形障害に係わる等級と認定要件の関係表

内容 障害等級 椎体高減少・後彎について 側彎
脊柱に著しい変形を残すもの 第6級5号

脊椎圧迫骨折等により2個以上の椎体の前方椎体高が著しく減少して後彎が生じているもの

「前方椎体高が著しく減少」とは、減少したすべての椎体の後方椎体高の合計と減少後の前方椎体高の合計との差が、減少した椎体の後方椎体高の1個あたりの高さ以上であるもの

コブ法による側彎度が50°以上となっているもの

脊椎圧迫骨折等により1個以上の椎体の前方椎体高が減少している

「前方椎体高が減少」したとは、減少したすべての椎体の後方椎体高の合計と減少後の前方椎体高の合計との差が、減少した椎体の後方椎体高の1個あたりの高さの50%以上であるもの

コブ法による側彎度が50°以上となっているもの
脊柱に中程度の変形を残すもの 第8級2号

脊椎圧迫骨折等により1個以上の椎体の前方椎体高が減少して後彎が生じているもの

「前方椎体高が減少」したとは、減少したすべての椎体の後方椎体高の合計と減少後の前方椎体高の合計との差が、減少した椎体の後方椎体高の1個あたりの高さの50%以上であるもの

 
  コブ法による側彎度が50°以上となっているもの

環椎または軸椎の変形・固定(環椎と軸椎との固定術が行われた場合を含む。)により、次のいずれかに該当するもの
(a)および(b)については、軸椎以下の脊柱を可動させずに(被害者にとって自然な肢位で)回旋位または屈曲・伸展位の角度を測定する。

  1. 60°以上の回旋位となっているもの
  2. 50°以上の屈曲位または60°以上の伸展位となっているもの

側屈位となっており、エックス線写真等により、矯正位の頭蓋底部の両端を結んだ線と軸椎下面との平行線が交わる角度が30°以上の斜位となっていることが確認できるもの。

 
脊柱に変形を残すもの 第11級7号 脊椎圧迫骨折等を残しており、そのことがエックス線写真、CT画像またはMRI画像により確認できるもの(変更の程度は問わない)
脊椎固定術が行われたもの(移植した骨がいずれかの脊椎に吸収されたものを除く。)
3個以上の脊椎について、椎弓切除術(椎弓の一部を切離する脊柱管拡大術も含む。)等の椎弓形成術を受けたもの
内容
脊柱に著しい変形を残すもの
障害等級
第6級5号
椎体高減少・後彎について

脊椎圧迫骨折等により2個以上の椎体の前方椎体高が著しく減少して後彎が生じているもの

「前方椎体高が著しく減少」とは、減少したすべての椎体の後方椎体高の合計と減少後の前方椎体高の合計との差が、減少した椎体の後方椎体高の1個あたりの高さ以上であるもの

脊椎圧迫骨折等により1個以上の椎体の前方椎体高が減少している

「前方椎体高が減少」したとは、減少したすべての椎体の後方椎体高の合計と減少後の前方椎体高の合計との差が、減少した椎体の後方椎体高の1個あたりの高さの50%以上であるもの

側彎
コブ法による側彎度が50°以上となっているもの コブ法による側彎度が50°以上となっているもの
内容
脊柱に中程度の変形を残すもの
障害等級
第8級2号
椎体高減少・後彎について

脊椎圧迫骨折等により1個以上の椎体の前方椎体高が減少して後彎が生じているもの

「前方椎体高が減少」したとは、減少したすべての椎体の後方椎体高の合計と減少後の前方椎体高の合計との差が、減少した椎体の後方椎体高の1個あたりの高さの50%以上であるもの

 

環椎または軸椎の変形・固定(環椎と軸椎との固定術が行われた場合を含む。)により、次のいずれかに該当するもの
(a)および(b)については、軸椎以下の脊柱を可動させずに(被害者にとって自然な肢位で)回旋位または屈曲・伸展位の角度を測定する。

  1. 60°以上の回旋位となっているもの
  2. 50°以上の屈曲位または60°以上の伸展位となっているもの

側屈位となっており、エックス線写真等により、矯正位の頭蓋底部の両端を結んだ線と軸椎下面との平行線が交わる角度が30°以上の斜位となっていることが確認できるもの。

側彎
  コブ法による側彎度が50°以上となっているもの  
内容
脊柱に変形を残すもの
障害等級
第11級7号
椎体高減少・後彎について

脊椎圧迫骨折等を残しており、そのことがエックス線写真、CT画像またはMRI画像により確認できるもの(変更の程度は問わない)

脊椎固定術が行われたもの(移植した骨がいずれかの脊椎に吸収されたものを除く。)

3個以上の脊椎について、椎弓切除術(椎弓の一部を切離する脊柱管拡大術も含む。)等の椎弓形成術を受けたもの

側彎
 

環椎または軸椎の変形・固定で「脊柱に中程度の変形を残すもの」の基準に該当しないものは、「脊柱に変形を残すもの」として認定されます。環椎(第1頸椎)または軸椎(第2頸椎)の変形・固定には、個別要件で8級が認定されます。
脊椎圧迫骨折等には、脊椎圧迫骨折のほか、脱臼等が含まれる(以下の説明においても同様)。軸椎の歯突起のみの変形、各脊椎の横突起、棘突起の局部的欠損や変形などは認定対象にはなりません。

脊柱の運動障害

運動障害の原因となる他覚的所見、すなわち、脊椎圧迫骨折や脊椎固定術、項背腰部軟部組織の明らかな器質的な変化が認められることが重要です。
単に疼痛による運動制限は脊柱の運動障害とはとらえられません。頸部捻挫、腰部捻挫などの、むち打ち症による疼痛が原因で生じた頸部の運動制限については、脊柱の運動障害として認定されることはなく、局部の神経症状として12級や14級が認定されるにとどまります。
脊柱のうち、頸椎(頸部)と胸腰椎(胸腰部)とでは主たる機能が異なっていることから(頸椎は主に頭部の支持機能、胸腰椎は主に体幹の支持機能)、障害等級の認定にあたっては頸椎と胸腰椎は異なる部位として取り扱われます。
運動障害については、以下のように、運動制限の程度に応じて等級に差が設けられています。

項目 等級 認定要件
脊柱に著しい変形を残すもの 第6級5号 右のいずれかにより頸部および胸腰部が強直したもの
  1. 頸椎および胸腰椎のそれぞれに脊椎圧迫骨折等が存しており、そのことがエックス線写真等により確認できるもの
  2. 頸椎および胸腰椎のそれぞれに脊柱固定術が行われたもの
  3. 項背腰部軟部組織に明らかな器質的変化が認められるもの
脊柱に中程度の変形を残すもの 第8級2号 右のいずれかにより、頸部(主要運動のいずれか一方)または胸腰部の可動域が参考可動域角度の1/2以下に制限されたもの
  1. 頸椎または胸腰椎に脊椎圧迫骨折等を残しており、そのことがエックス線写真等により確認できるもの
  2. 頸椎または胸腰椎に脊椎固定術が行われたもの
  3. 項背腰部軟部組織に明らかな器質的変化が認められるもの
  頭蓋・上位頸椎間に著しい異常可動性が生じたもの
局部の神経症状 第12級/第14級 エックス線写真等では、脊椎圧迫骨折等または脊椎固定術が認められず、また、項背腰部軟部組織の器質的変化も認められず、単に、疼痛のために運動障害を残すもの
項目
脊柱に著しい変形を残すもの
等級
第6級5号
認定要件
下のいずれかにより頸部および胸腰部が強直したもの
  1. 頸椎および胸腰椎のそれぞれに脊椎圧迫骨折等が存しており、そのことがエックス線写真等により確認できるもの
  2. 頸椎および胸腰椎のそれぞれに脊柱固定術が行われたもの
  3. 項背腰部軟部組織に明らかな器質的変化が認められるもの
項目
脊柱に中程度の変形を残すもの
等級
第8級2号
認定要件
下のいずれかにより、頸部(主要運動のいずれか一方)または胸腰部の可動域が参考可動域角度の1/2以下に制限されたもの
  1. 頸椎または胸腰椎に脊椎圧迫骨折等を残しており、そのことがエックス線写真等により確認できるもの
  2. 頸椎または胸腰椎に脊椎固定術が行われたもの
  3. 項背腰部軟部組織に明らかな器質的変化が認められるもの
頭蓋・上位頸椎間に著しい異常可動性が生じたもの
項目
局部の神経症状
等級
第12級/第14級
認定要件
エックス線写真等では、脊椎圧迫骨折等または脊椎固定術が認められず、また、項背腰部軟部組織の器質的変化も認められず、単に、疼痛のために運動障害を残すもの

体幹骨の運動障害

ここでの体幹骨とは、①鎖骨②胸骨③肋骨④骨盤骨のことを示します。
脊柱の運動は、頸部、胸部、腰部と区別して測定することが困難です。
頸部とその他の部分である胸腰部(第一胸椎から最下位腰椎まで)の2つに区分して測定を行います。
日常における動作にとって重要なものを主要運動、その他を参考運動に区別されています。主要運動の可動域制限の程度によって評価する。
器質的変化の存在が前提であり、自動運動(被害者自身の動作)によって可動域を測定するのが基本です。
また、屈曲と伸展、回旋の左右、側屈の左右の運動は同一面のため、合計の角度とし、参考可動域角度と比較して制限の程度を評価する。
「強直」とは、関節の完全強直またはこれに近い状態(主要運動のすべてが参考可動域角度の10%程度以下(5°単位で切り上げ)に制限されたもの)です。

頚部の可動

主要運動 参考運動
屈曲・伸展 回旋 側屈
参考可動域角度 110° 参考可動域角度 120° 参考可動域角度 100°
屈曲60° 伸展30° 左側屈50° 右側屈50° 右側屈50° 左側屈50°

頸部は、主要運動が、屈曲・伸展と回旋の2種類が存在するが、いずれか一方の可動域が参考可動域角度の1/2以下に制限されたときは第8級2号に認定される。

胸腰部の可動

胸腰部
主要運動 参考運動
屈曲・伸展 側屈 回旋
参考可動域角度 75° 参考可動域角度 100° 参考可動域角度 80°
屈曲45° 伸展30° 左側屈50° 右側屈50° 左回旋50° 右回旋50°

頸部または胸腰部の主要運動の可動域制限が参考可動域角度の1/2をわずかに上回る場合(頸部については10°、胸腰部については5°)においても、それらの参考運動(複数あるときはそのうち1つ)が1/2以下に制限されていれば、第8級2号を認定することができます。

荷重機能障害

脊椎の荷重障害は、後遺障害等級表に該当するものがありませんが、その原因が明らかに認められる場合には、制限の程度に応じて相当等級が認められます。

項目 等級 備考
頸部及び腰部の両方の保持に困難があり、常に硬性補装具を必要とするもの 第6級相当
  1. 脊椎の圧迫骨折等、脊柱を支える筋肉の麻痺、又は首・背・腰の軟部組織(靭帯や筋肉など)の明らかな器質的変化があること、
  2. それらについてX線写真等により確認できるものをいいます。
頸部又は腰部のいずれかの保持に困難があり、常に硬性補装具を必要とするもの 第8級相当
  1. 脊椎の圧迫骨折等、脊柱を支える筋肉の麻痺、又は首・背・腰の軟部組織(靭帯や筋肉など)の明らかな器質的変化があること、
  2. それらについてX線写真等により確認できるものをいいます。
項目 頸部及び腰部の両方の保持に困難があり、常に硬性補装具を必要とするもの 等級 第6級相当 備考
  1. 脊椎の圧迫骨折等、脊柱を支える筋肉の麻痺、又は首・背・腰の軟部組織(靭帯や筋肉など)の明らかな器質的変化があること、
  2. それらについてX線写真等により確認できるものをいいます。
項目 頸部又は腰部のいずれかの保持に困難があり、常に硬性補装具を必要とするもの 等級 第8級相当 備考
  1. 脊椎の圧迫骨折等、脊柱を支える筋肉の麻痺、又は首・背・腰の軟部組織(靭帯や筋肉など)の明らかな器質的変化があること、
  2. それらについてX線写真等により確認できるものをいいます。

相当等級として、脊柱圧迫骨折・脱臼、脊柱を支持する筋肉の麻痺や項背腰部軟部組織の器質的変化等について、他覚的所見が明らかである場合で、①頸部および腰部の両方の保持に困難があり、常に硬性補装具を必要とするものが第2第6級相当、②頸部または腰部のいずれかの保持に困難があり、常に硬性補装具を必要とするものは第8級相当として取り扱われます。

後遺障害のご相談は無料です。

当事務所は成功報酬ですので、被害者の方の自己負担は実質0円です。ご質問やお問い合わせもお気軽にどうぞ。

  • 面談相談0円
  • 着手金0円

ただし、弁護士費用特約が無い場合に限ります。

運営

弁護士法人リーガルプラス弁護士法人リーガルプラス

千葉の頼れる身近な弁護士を目指しています!

弁護士法人リーガルプラス
  • TEL

    9:00~20:00(平日・土曜)

  • お問い合わせ