上肢(肩・腕)の後遺障害

上肢の後遺障害は、欠損障害、機能障害、変形障害について等級が定められています。 骨折部位に痛みなどが残った場合には、神経症状の後遺障害が認定されることがあります。

欠損障害

障害の程度 等級
両上肢をひじ関節以上で失ったもの 第1級3号
両上肢を手関節以上で失ったもの 第2級3号
1上肢をひじ関節以上で失ったもの 第4級4号
1上肢を手関節以上で失ったもの 第5級4号

「上肢をひじ関節以上で失ったもの」とは、次のいずれかに該当するものが当たります。

  1. 肩関節において、肩甲骨と上腕骨を離断したもの
  2. 肩関節とひじ関節との間において上肢を切断したもの
  3. ひじ関節において、上腕骨と橈骨及び尺骨とを離断したもの

「上肢を手関節以上で失ったもの」とは、次のいずれかに該当するものが当たります。

  1. ひじ関節と手関節の間において上肢を切断したもの
  2. 手関節において、橈骨及び尺骨と手根骨とを離断したもの

関節機能障害

上肢の関節機能障害は、骨折、脱臼、靱帯や腱の損傷、神経損傷に起因するマヒなどによって発生します。「肩・ひじ・手首」の関節動作が制限されたり、人工関節・人工骨頭を挿入置換した場合、関節機能障害として後遺障害が認定されます。
動揺関節(関節が不安定になりぐらつくもの)、習慣性脱臼(外部からの軽い力で簡単に脱臼してしまう状態)についても、関節機能障害として扱われます。

両上肢の用を全廃したもの 第1級4号 両上肢の3大関節(肩・ひじ・手首)のすべてが全く可動しないか、可動域が10%以下に制限されたもの、加えて、手指の全部の用を廃したもの
両上肢の上腕神経叢の完全マヒ
1上肢の用を全廃したもの 第5級6号 1上肢の3大関節(肩・ひじ・手首)のすべてが全く可動しないか、可動域が10%以下に制限されたもの、加えて、手指の全部の用を廃したもの
1上肢の上腕神経叢の完全マヒ
1上肢の3大関節中の2つの関節の用を廃したもの 第6級6号 3大関節(肩・ひじ・手首)のうち2つが全く可動しないか、可動域が10%以下に制限されたもの
完全弛緩性マヒ、または、それに近いもの
※他動では可動するが、自動では可動域が10%以下に制限されたもの
人工関節・人工骨頭を挿入し、可動域が2分の1以下に制限されているもの
1上肢の3大関節中の1つの関節の用を廃したもの 第8級6号 3大関節(肩・ひじ・手首)のうち1つが全く可動しないか、可動域が10%以下に制限されたもの
完全弛緩性マヒ、または、それに近いもの
※他動では可動するが、自動では可動域が10%以下に制限されたもの
人工関節・人工骨頭を挿入し、かつ、可動域が2分の1以下に制限されているもの
1上肢の3大関節中の1つの関節の著しい機能障害 第10級10号 3大関節(肩・ひじ・手首)のうち1つの可動域が2分の1以下に制限されているもの
人工関節・人工骨頭を挿入したもの
前腕の回内・回外の可動域が4分の1以下に制限されているもの
常に硬性補装具を必要とする動揺関節
1上肢の3大関節中の1つの関節の機能障害 第12級6号 3大関節(肩・ひじ・手首)のうち1つの可動域が4分の3以下に制限されているもの
前腕の回内・回外の可動域が2分の1以下に制限されているもの
時々硬性補装具を必要とする動揺関節
習慣性脱臼

①「関節の用を廃したもの」とは、次のいずれかに該当するものをいいます。

  1. 関節が強直したもの
  2. 関節の完全弛緩性麻痺またはこれに近い状態にあるもの
  3. 人工関節・人口骨頭をそう入置換した関節のうち、その可動域が健側の可動域角度の2分の1以下に制限されているもの

②「関節の機能に著しい障害を残すもの」とは、次のいずれかに該当するものをいいます。

  • 関節の可動域が健側の可動域角度の2分の1以下に制限されているもの
  • 人工関節・人口骨頭をそう入置換した関節のうち、上記①のウ以外のもの

③「関節の機能に障害を残すもの」とは、関節の可動域が健側の可動域角度の4分の3以下に制限されているものをいいます。

※「関節の強直」とは、関節の完全強直またはこれに近い状態にあるものをいいます。「これに近い状態」とは、関節可動域が、健側の関節可動域角度の10%程度以下に制限されているものです

後遺障害の認定条件

  1. 器質的損傷が存在すること

    交通事故による、関節・関節付近の骨折や脱臼、靱帯・腱などの損傷などであることが必要です。そのため、事故後のできるだけ早い時期にレントゲンやMRIなどの画像撮影をしておくことが大切となります。 軟部組織の損傷が関節可動域制限の原因となることがあるため、特に、関節付近のケガの場合、レントゲンのみならずMRIの撮影もしておくことが重要です。
  2. 症状固定時に機能障害の原因が確認できること

    関節部分の強直、癒合不良、神経の麻痺など、関節機能障害の原因が確認できることが必要です。

関節の器質的変化による可動域制限 ―関節機能障害の類型その①―

  1. 関節それ自体の破壊や強直によるもの

    と、
  2. 関節外の軟部組織(靱帯・腱・筋肉など)の変化によるもの

    があります。 廃用性の機能障害(たとえば、ギブスによって患部を固定していたために、治癒後に関節機能障害が残るもの)については、将来における障害の程度の軽減を考慮して等級認定を行います。

神経麻痺による関節の自動運動の制限 ―関節機能障害の類型その②―

神経の損傷や断裂などで神経麻痺が生じ、自力で関節を動かすことが困難になった状態です。

神経麻痺の一覧

名称 損傷部位 障害内容 診断・検査
腕神経叢麻痺 腕神経叢とは第5頸椎~第1胸椎から出た神経の束が枝分かれする部分。 肩や腕、肘や指先に力が入りにくくなったり、感覚が鈍くなる、腕があげづらくなる
  • 神経学的検査:知覚検査、徒手筋力テスト(MMT)など
  • 画像検査:脊髄造影(ミエログラフィー)、ミエロCT、MRIなど
  • 電気生理学的検査:針筋電図検査、神経伝導速度検査など
尺骨(しゃくこつ)神経麻痺 尺骨神経とは上腕、肘の内側を通って、前腕部から手先まで走行している神経。薬指・小指の感覚、手指を動かす動作の筋肉を支配。 肘より上のレベルの外傷による傷害では麻痺の程度はさまざま。前腕や小指などの感覚障害や小指の屈曲障害かぎ爪変形など。
  • チネル(Tinell)サイン(神経障害部を叩いて疼痛が放散するか確認する検査方法)
  • フロマン(Froment)サイン(両手の親指と人差し指で紙をつまみ、引っ張るときと指の曲がりで判定)
  • 電気生理学的検査:針筋電図検査、神経伝導速度検査など
橈骨(とうこつ)神経麻痺 橈骨神経は上腕部においては、上腕部内側橈骨神経溝、前腕部においては、橈骨に沿って外側を走行する。 症状として前腕、手の知覚麻痺が生じる。筋力低下は橈骨神経が障害される部位により異なる。筋力低下により、指が曲がったまま手首がダラリと垂れ下がる「下垂手」など。
  • チネル(Tinell)サイン(神経障害部を叩いて疼痛が放散するか確認する検査方法)
  • 電気生理学的検査:針筋電図検査、神経伝導速度検査など
正中(せいちゅう)神経麻痺 正中神経は、腕や手首、指、手のひらなどの動きや感覚と密接に関係しており、肘の前面から指の付け根まで通っている神経。 親指から薬指2分の1までの感覚障害や手首の屈曲、手指の屈曲の筋力が低下や萎縮など。
  • チネル(Tinell)サイン(神経障害部を叩いて疼痛が放散するか確認する検査方法)
  • 電気生理学的検査:針筋電図検査、神経伝導速度検査など
名称 腕神経叢麻痺 損傷部位 腕神経叢とは第5頸椎~第1胸椎から出た神経の束が枝分かれする部分。 障害内容 肩や腕、肘や指先に力が入りにくくなったり、感覚が鈍くなる、腕があげづらくなる 診断・検査
  • 神経学的検査:知覚検査、徒手筋力テスト(MMT)など
  • 画像検査:脊髄造影(ミエログラフィー)、ミエロCT、MRIなど
  • 電気生理学的検査:針筋電図検査、神経伝導速度検査など
名称 尺骨(しゃくこつ)神経麻痺 損傷部位 尺骨神経とは上腕、肘の内側を通って、前腕部から手先まで走行している神経。薬指・小指の感覚、手指を動かす動作の筋肉を支配。 障害内容 肘より上のレベルの外傷による傷害では麻痺の程度はさまざま。前腕や小指などの感覚障害や小指の屈曲障害かぎ爪変形など。 診断・検査
  • チネル(Tinell)サイン(神経障害部を叩いて疼痛が放散するか確認する検査方法)
  • フロマン(Froment)サイン(両手の親指と人差し指で紙をつまみ、引っ張るときと指の曲がりで判定)
  • 電気生理学的検査:針筋電図検査、神経伝導速度検査など
名称 橈骨(とうこつ)神経麻痺 損傷部位 橈骨神経は上腕部においては、上腕部内側橈骨神経溝、前腕部においては、橈骨に沿って外側を走行する。 障害内容 症状として前腕、手の知覚麻痺が生じる。筋力低下は橈骨神経が障害される部位により異なる。筋力低下により、指が曲がったまま手首がダラリと垂れ下がる「下垂手」など。 診断・検査
  • チネル(Tinell)サイン(神経障害部を叩いて疼痛が放散するか確認する検査方法)
  • 電気生理学的検査:針筋電図検査、神経伝導速度検査など
名称 正中(せいちゅう)神経麻痺 損傷部位 正中神経は、腕や手首、指、手のひらなどの動きや感覚と密接に関係しており、肘の前面から指の付け根まで通っている神経。 障害内容 親指から薬指2分の1までの感覚障害や手首の屈曲、手指の屈曲の筋力が低下や萎縮など。 診断・検査
  • チネル(Tinell)サイン(神経障害部を叩いて疼痛が放散するか確認する検査方法)
  • 電気生理学的検査:針筋電図検査、神経伝導速度検査など

※神経マヒによる関節機能障害の後遺障害認定は、自動運動(自分の力で動かせる可動域)による測定値を参考にして後遺障害認定をします。

人工関節や人工骨頭の挿入置換 ―関節機能障害の類型③―

損傷部位や障害部位につき、人工関節や人工骨頭を挿入置換した場合、上肢の機能障害として後遺障害が認定されます。
人工関節や人工骨頭には耐用年数がある関係で、将来の再手術により置換することが必要となるために、将来の手術費が損害として補償の対象となることもあります。

関節可動域の測定方法

他動運動(外的な力で動かせる可動域)による測定(他動値)が基本です。
ただし、神経の麻痺、激しい疼痛による可動域制限のように他動値の測定が適当でない場合、自動運動(被験者が自分の力で動かせる可動域)による測定値(自動値)を用います。
障害を残す関節の可動域を測定して、原則として(障害の残存していない)健側の可動域角度と比較します。
事故前から他方の肢に障害があった場合や両方の上肢に障害が残存した場合は、健側の肢の測定ができないため、平均的な運動領域(参考可動域角度)との比較で判断します。
測定値は、5度単位の切り上げで記載します。たとえば、実際の測定値が112度であった場合には115度と記載されます。
測定結果は医師の力のいれ具合によって大きく変わります。測定する医師によって、検査結果の数値が異なる場合もあります。複数回の検査を実施した場合、医師の検査結果が異なるため問題になりがちです。
機能障害は、原則として主要運動の可動域制限の程度によって評価します。
ただし、主要運動の制限が等級評価の対象とされる数値をわずかに上回る場合(各主要運動につき+5度、肩関節、手関節および股関節の屈曲・伸展は+10度)は、参考運動の1つについて可動域角度が1/2または3/4以下に制限されていれば等級認定につながります。

部位 主要運動 参考運動
肩関節 屈曲、外転・内転 伸展、外旋・内旋
ひじ関節 屈曲・伸展
手関節 屈曲・伸展 橈屈、尺屈
前腕 回内・回外
親指 屈曲・伸展、橈側外転、掌側外転
手指 屈曲・伸展

肩関節の可動域測定要領

肩関節は、主要運動が複数あります。「屈曲」と「外転・内転」が主要運動です。「外転・内転」は合計値をもって評価します。「伸展」と「外旋・内旋」が参考運動です。「外旋・内旋」は合計値をもって評価します。
「屈曲」と「外転・内転」のそれぞれの主要運動も全く可動しないかまたは可動域が10%以下に制限された場合に「関節の用を廃した」と認定されます。「屈曲」と「外転・内転」のいずれか一方の主要運動の可動域が、2分の1以下または4分の3以下に制限されている場合に、「関節の著しい機能障害」または「関節の機能障害」と認定されます。

左右にスクロールしてご確認いただけます。

肩関節の可動域
運動方向 屈曲 伸展 外転 内転 外旋 内旋
参考可動域角度 180 50 180 0 60 80

肩関節

屈曲・伸展 外転・内転 外旋・内旋

ひじ関節の可動域測定要領

ひじ関節は、「屈曲・伸展」が主要運動です。ひじ関節の可動域は「屈曲・伸展」の合計値をもって評価します。ひじ関節には参考運動がありません。

ひじ関節の可動域
運動方向 屈曲 伸展
参考可動域角度 145 5
ひじ関節の可動域

前腕の可動域測定要領

前腕は、「回内・回外」が主要運動です。前腕の可動域は「回内・回外」の合計値をもって評価します。前腕には参考運動がありません。

前腕の可動域
運動方向 回内 回内
参考可動域角度 90 90
前腕の可動域

変形障害

障害の程度 等級
1上肢に偽関節を残し、著しい運動障害を残すもの 第7級9号
1上肢に偽関節を残すもの 第8級8号
長管骨に変形を残すもの 第12級8号

1.「偽関節を残し、著しい運動障害を残すもの」には、次のいずれかに該当し、常に硬性補装具を必要とするものが当たります。

  1. 上腕骨の骨幹部または骨幹端部に癒合不全を残すもの
  2. 橈骨及び尺骨の両方の骨幹部等に癒合不全を残すもの

2.「偽関節を残すもの」とは、次のいずれかに該当するものをいいます。

  1. 上腕骨の骨幹部等に癒合不全を残すもので、上記1の①以外のもの
  2. 橈骨及び尺骨の両方の骨幹部等に癒合不全を残すもので、上記1の②2以外のもの 橈骨または尺骨のいずれか一方の骨幹部等に癒合不全を残すもので、時々硬性補装具を必要とするもの

3.上肢の「長管骨に変形を残すもの」とは、次のいずれかに該当するものをいいます。

  1. 次のいずれかに該当する場合であって、外部から想見できる程度(15度以上屈曲して不正癒合したもの)以上のもの
    1. 上腕骨に変形を残すもの
    2. 橈骨及び尺骨の両方に変形を残すもの(ただし、橈骨または尺骨のいずれか一方のみの変形であっても、その程度が著しいものはこれに該当する)
  2. 上腕骨、橈骨または尺骨の骨端部に癒合不全を残すもの
  3. 橈骨または尺骨の骨幹部等に癒合不全を残すもので、硬性補装具を必要としないもの
  4. 上腕骨、橈骨または尺骨の骨端部のほとんどを欠損したもの
  5. 上腕骨(骨端部を除く)の直径が3分の2以下に、または橈骨もしくは尺骨(それぞれの骨端部を除く)の直径が2分の1以下に減少したもの
  6. 上腕骨が50度以上外旋または内旋変形癒合しているもの
    なお、同一の長管骨に上記の障害を複数残す場合でも、第12級8号と認定されます。

※上肢の「長管骨」とは、上腕骨・橈骨・尺骨のことです

後遺障害のご相談は無料です。

当事務所は成功報酬ですので、被害者の方の自己負担は実質0円です。ご質問やお問い合わせもお気軽にどうぞ。

  • 面談相談0円
  • 着手金0円

ただし、弁護士費用特約が無い場合に限ります。

運営

弁護士法人リーガルプラス弁護士法人リーガルプラス

千葉の頼れる身近な弁護士を目指しています!

弁護士法人リーガルプラス
  • TEL

    9:00~20:00(平日・土曜)

  • お問い合わせ