外貌醜状の後遺障害

外貌醜状とは

外貌は頭部、顔面部、頚部等、上肢及び下肢以外の日常露出する部分のことです。醜状は、一定の瘢痕(火傷の傷跡など)や線状痕(線状の傷跡)などの傷痕が残ることをいいます。
醜状は、事故から直接生じたもの以外に、事故による手術や治療によって生じたものも後遺障害認定対象になります。

醜状障害の後遺障害等級

【著しい醜状】

頭部: 手のひら大以上の瘢痕または頭蓋骨の手のひら大以上の欠損
顔面部: 鶏卵大以上の瘢痕または10円銅貨大以上の組織陥没
頚部: 手のひら大以上の瘢痕

【相当程度の醜状】

顔面部に残った長さ5センチメートル以上の線状痕

【単なる醜状】

頭部: 鶏卵大以上の瘢痕、頭蓋骨の鶏卵大以上の欠損
顔面部: 10円銅貨大以上の瘢痕、長さ3センチメートル以上の線状痕
頚部: 鶏卵大以上の瘢

いずれも、人目に付く程度の醜状である必要があります。
眉毛や髪の毛に隠れる部分については、醜状とは扱われません。

平成22年6月10日以降発生の事故について適用

障害の程度 等級
外貌に著しい醜状を残すもの 第7級12号
外貌に相当程度の醜状を残すもの 第9級16号
外貌に醜状を残すもの 第12級15号
醜状障害の後遺障害等級

眼、耳、鼻の欠損障害は、これらの欠損障害の等級と醜状障害のどちらか上位の等級により認定することになります。
耳および鼻の欠損に関する醜状の扱いは、①耳介軟骨部の2分の1以上を欠損した場合は「著しい醜状」、一部を欠損した場合は「醜状」、②鼻軟骨部の全部または大部分を欠損した場合は「著しい醜状」、一部または鼻翼を欠損した場合は「醜状」とされています。

【上肢・下肢】

自賠責では、「上肢の露出面」は上腕(肩関節以下)から指先、「下肢の露出面」は大腿(股関節以下)から足の背まで、となっています。

障害の程度 等級
上肢の露出面にてのひらの大きさの醜いあとを残すもの 第14級4号
下肢の露出面にてのひらの大きさの醜いあとを残すもの 第14級5号
上肢・下肢

【日常露出しない部位の醜状】

自賠責では、「上肢の露出面」は上腕(肩関節以下)から指先、「下肢の露出面」は大腿(股関節以下)から足の背まで、となっています。

障害の程度 等級
胸部及び腹部、または背部および臀部の全面積の全面積の1/2以上の瘢痕 第12級相当
胸部及び腹部、または背部および臀部の全面積の全面積の1/4程度の瘢痕 第14級相当
上肢・下肢

後遺障害の認定

醜状の有無や範囲は、外部から認識できるため、争いは起きにくいものです。
自賠責における認定では、被害者と直接面接し、醜状の実際を把握する方法が行われます。
診断書、写真や被害者の醜状痕に対する検証などが立証資料となります。

損害算定の問題

醜状障害の争いの中心は、労働能力の喪失率に関するものです。
醜状痕は、身体機能の直接的な制限にはつながらないため、保険会社は外貌醜状による逸失利益を否定する主張を行うことがあります。裁判例には逸失利益を否定したものもあります。
もっとも、外貌醜状は、芸能人やモデルなど容姿が重視される職業が遂行不能になることや接客業などで配置転換を受けるなど、仕事への影響も考えられる場合もあります。
また、醜状によって対人関係や対外的な活動に消極的になるなど、間接的に労働能力に影響する場合も考えられます。
外貌醜状があることで逸失利益を認めた裁判例も多数あります。
労働能力の喪失や逸失利益の損害賠償請求を進める場合、被害者の年齢、醜状の程度、現在の仕事や将来の仕事、対人関係への影響など詳細な主張立証が必要となります。

後遺障害のご相談は無料です。

当事務所は成功報酬ですので、被害者の方の自己負担は実質0円です。ご質問やお問い合わせもお気軽にどうぞ。

  • 面談相談0円
  • 着手金0円

ただし、弁護士費用特約が無い場合に限ります。

運営

弁護士法人リーガルプラス弁護士法人リーガルプラス

千葉の頼れる身近な弁護士を目指しています!

弁護士法人リーガルプラス
  • TEL

    9:00~20:00(平日・土曜)

  • お問い合わせ