解決事例

ここではリーガルプラスがこれまでサポートした、交通事故問題の解決事例をご紹介させて頂きます。

後遺障害等級併合9級に認定され、相手方保険会社の示談金額が低額だったため弁護士が交渉に入り、当初提示額の約3倍の金額で示談成立した事案

リーガルプラスご相談後の取得金額

相談前 700 万円

相談後 2,300万円

増額倍率3

当事者の情報

依頼者名:G.Tさま

職業:会社員

年齢:40歳代

事故年:2018年

解決年:2021年

解決方法:示談交渉

弁護士費用特約の有無:特約「なし」

事例の概要

後遺障害等級併合9級に認定され、相手方保険会社から示談額の提示を受け、その金額が妥当であるか相談するために当事務所へご来所。

相手方保険会社が示した金額はかなりの低額であったため、当事務所にて増額交渉を受け、当初提示額の3倍以上の金額で示談をしたケースです。

事故発生状況

事故態様

(加害者)自動車 対 歩行者(被害者)

ご依頼者のG.Tさんが信号のない横断歩道を歩行中、徐行せず交差点を右折した加害運転車両と衝突。事故により、G.Tさんは頸部捻挫・左橈骨遠位端骨折・右肩挫傷・両膝打撲挫創の大ケガを負いました。

解決までの道のり

ご依頼者のG.Tさんはこの事故により、左上肢の機能障害(可動域制限)、歯の欠損、頸部の神経症状(左上肢と左手関節)の後遺障害が残り、後遺障害等級併合9級に認定。

相手方保険会社から届いた示談提案額の妥当性を知りたいという理由で当事務所へ来所され、将来治療費や逸失利益など、複数の争点があったことから、相手方保険会社と交渉し、当初提示額の3倍以上の2300万円で示談が成立しました。

当事務所が関わった結果

相手方保険会社の当初提示額は、自賠責基準未満であったため、かなり低額の提示でした。そこで、裁判所や弁護士が採用する適正な慰謝料・逸失利益・将来治療費等を主張し、交渉を進めました。
その結果、当初提示額の3倍以上の賠償額となり、適切な賠償額を獲得することができました。

「解決のポイント」

将来治療費

ご依頼者のG.Tさんはこの事故で3本の歯を失い、インプラントを使用していたため、定期的なメンテナンスと10年に1度の義歯の交換が必要と歯科医師から指導を受けていました。そのため、平均余命から将来的に必要なインプラント交換費用およびそれに伴う治療費として、将来治療費を請求し適切な金額を獲得できました。

この項目は、事前の示談提示には全く含まれていなかった費用であり、歯科治療には高額の治療費がかかる見込みであったことから、弁護士が介入し、適切な賠償額の交渉をすることの重要性をあらためて認識しました。

逸失利益・後遺障害慰謝料

逸失利益は、後遺障害によって労働能力が一定程度失われたと捉え、その程度に従って、将来的に得られるはずだった収入分を失ったとして請求するものです。

今回、3本の歯の欠損があったものの、インプラントを入れており、G.Tさんの職業柄、労働能力を明らかに喪失させたとは言えないとして逸失利益の算定方式が争われました。

逸失利益の考え方のもとは、労働能力がどれほど失われたといえるか、という点ですので、個別具体的に業務の内容を検討したうえで適切な賠償額を定める必要がありました。

裁判例では、逸失利益として認められないとしても、インプラントとなったことによるかみ合わせの悪さや精神的な負担等を後遺障害慰謝料として増額することにより、適切な賠償額を定める傾向にあったため、今回はそのような裁判例を主張し、逸失利益について譲歩すべきは譲歩し、他の面で賠償額を増額できるよう主張を尽くしました。

結果、逸失利益と後遺障害慰謝料を合わせて十分な賠償額を獲得することができました。

担当弁護士による事例総括
担当弁護士 : 北岡 真理子

後遺障害等級が大きくなるほど、相手方保険会社からの示談提示額は適正額より低額となる傾向にあります。

事故直後から弁護士が介入しているケースでは、弁護士側から損害額の提示をすることが多いですから心配はないものの、弁護士に依頼していない間に保険会社から示談の提示が来た場合には、必ず弁護士に相談してほしいと思います。

交通事故被害者のための法律相談サイト
交通事故の慰謝料に対する疑問や不満をリーガルプラスが納得のいく解決までサポートします。
当サイトでは交通事故慰謝料の事例むちうちの慰謝料の相場も公開しています。