解決事例

ここではリーガルプラスがこれまでサポートした、交通事故問題の解決事例をご紹介させて頂きます。

事故の治療が長期化したことで、相手方保険会社より債務不存在確認訴訟を提起され、当事務所の弁護士が適正な賠償を求めて反訴を提起した結果、裁判基準の慰謝料満額の賠償を受けて解決した事案

リーガルプラスご相談後の取得金額

相談前 70 万円

相談後 440万円

増額倍率6.2倍

当事者の情報

依頼者名:W.Sさま

職業:自営業

年齢:50歳代

事故年:2016年

解決年:2020年

解決方法:裁判

弁護士費用特約の有無:特約「あり」

事例の概要

治療が長期化し、相手方から債務不存在確認訴訟を提起されたことから、適正な賠償を求めて反訴を提起し、その結果、医師の見解を前提とした治療期間を前提とし、裁判基準の慰謝料満額の賠償を受けて解決しました。

事故発生状況

事故態様

(加害者)自動車 対 その他(被害者)

相手方運転の車に同乗中、固定が不十分であった車内積載物がご依頼者の頭上に落下し、負傷しました。

解決までの道のり

ご依頼者の方は、本件事故により、頚椎捻挫・背部捻挫・左肩打撲傷等の怪我を負い、頭痛、頚部から肩にかけての痛み・張り、頚部の運動制限、手指の痺れ等の症状があり、整形外科、整骨院での治療を受けていました。

ご依頼者は身体を使うお仕事をしていましたが、本件事故による症状により、身体が思うように動かせず業務に支障が出ていました。また、自営業のため無理をしてお仕事をしなければならないこともありました。

当初、ご依頼者の方と保険会社の担当者で話し合いをしていたものの、自営業の減収の把握が困難なため、当事務所に相談され、ご依頼を受けました。

相手方保険会社による治療費の支払対応の打切りがありましたが、医師と相談の上、治療を継続していたところ、相手方から債務不存在確認訴訟を提起されたことから、当方からも反訴を提起し、最終的に和解により解決しました。

当事務所が関わった結果

相手方は、治療は3か月程度が相当であり、それ以降の治療や損害賠償は不要であるとして債務不存在確認訴訟を提起してきました。

これに対し、当方は、医師の見解を前提とした治療期間を主張するとともに、後遺障害等級認定手続きを行い、後遺障害等級第14級9号の認定結果を踏まえた損害賠償、自営業の減収分の損害賠償を求めて、反訴を提起しました。

その結果、当方主張の治療期間を前提とし、裁判基準満額の慰謝料、ご依頼者の従前の収入を前提とした休業損害、逸失利益を認める裁判所和解案が提示され、和解により解決しました。

「解決のポイント」

相当な治療期間はいつまでか

本件では、相手方保険会社がご依頼者の方の承諾なく、治療費の支払対応を打ち切りました。その時点で、医師がまだ治療を継続すべきと判断していたことから、自費での治療を継続していました。

しかし、相手方保険会社が治療期間が長期に過ぎると判断し、相手方保険会社が相当と考える範囲を超える損害賠償の必要性がないとして裁判所に対し、債務不存在確認訴訟を提起してきました。

債務不存在確認訴訟を提起された場合、しっかり対応する必要がありますが、訴訟を起こしたからといって相手方保険会社の言い分が通るわけではなく、最終的には医師の判断を前提として、裁判官が相当な治療期間を判断することになります。

本件の裁判所和解案では、医師が判断した治療期間(症状固定時期)を前提として、治療費、通院交通費、治療期間に応じた慰謝料が示されました。

自営業者の休業損害の算定方法

自営業者の場合、事故によりどのような休業損害が生じたのか把握するのが困難なことが多くあります。例えば、事故により休んでいた期間に受注できなかった売上げの減少、受注していた案件を他の業者に依頼したことによる経費の支出、身体の支障による作業効率の低下等、様々なものが考えられます。

自営業者の休業損害は、原則として、事故前年の確定申告を基本とした収入から固定経費以外の経費を控除して日額を算出し、休業日数をかける方法により計算されます。

本件の裁判所和解案では、事故前年の収入を前提として日額を算定し、治療中の全ての期間に30%の支障があったものとして休業損害が認定されました。

担当弁護士による事例総括
担当弁護士 : 齋藤 碧

頚椎捻挫や腰椎捻挫などのいわゆるむち打ち損傷の場合、治療期間が3か月~6か月程度が経過すると(車の損傷が軽微である場合には、より短期の場合もあります。)、相手方保険会社の治療費の支払対応が打ち切られることがほとんどです。そのような場合、まずは主治医にご相談いただき、治療期間の判断を仰いでください。医師が治療を継続すべきと判断している期間については、自費での治療を継続していただき、後日、相手方保険会社に対して、相当な治療期間であることを主張することができます。

自営業者の方の休業損害については、確定申告の金額が前提とされますが、それだけではなく実際の事故による影響はどのようなものであったかも考慮し、相手方に対する損害賠償請求額を検討する必要があります。相手方からの賠償を受けるためには、これまでの裁判例を踏まえた損害額の計算と損害の証明ができなければなりません。被害者の方は、実際に損害があることを保険会社に訴えたくても、どのような計算をして損害額を出せばいいのか、証明書類を求められてもどのような書類を出せば証明になるのか分からないことが多いと思います。そのような件でお悩みの方は、弁護士にご相談ください。

交通事故被害者のための法律相談サイト
交通事故の慰謝料に対する疑問や不満をリーガルプラスが納得のいく解決までサポートします。
当サイトでは交通事故慰謝料の事例むちうちの慰謝料の相場も公開しています。