解決事例

ここではリーガルプラスがこれまでサポートした、交通事故問題の解決事例をご紹介させて頂きます。

治療期間について争う姿勢を見せた相手方保険会社に対し、紛争処理センターにおけるあっせん手続を利用、治療期間がすべて認められ、慰謝料も裁判基準の満額で解決することができた事案

リーガルプラスご相談後の取得金額

相談後 95万円

当事者の情報

依頼者名:T.Nさま

職業:会社員

年齢:40歳代

事故年:2016年

解決年:2017年

解決方法:ADR(紛争処理センター)

弁護士費用特約の有無:特約「あり」

事例の概要

治療期間に争いがあり、交渉が難航した事件について紛争処理センターでのあっせん手続を選択。被害者の主張する治療期間がすべて認められ、慰謝料も裁判基準の満額で解決することができました。

事故発生状況

事故態様

(加害者)自動車 対 自動車(被害者)

依頼者が信号のない交差点で右折待ちをしていたところ、後方から走行して来た加害者が追突。上り坂の終端に交差点があり、見通しの悪い状況での事故でした。

解決までの道のり

依頼者は、整形外科でのリハビリ治療が終了する間際に相談に来られました。依頼者の要望は、相手方保険会社の負担で治療を継続することでしたが、治療の打ち切りを宣告され、お困りの状況で来所されました。

また、示談交渉時には、相手方保険会社が治療期間そのものを争う姿勢を見せ、きわめて低額の慰謝料しか提示してきませんでした。

このため、交渉による解決に見切りをつけ、交通事故紛争処理センターにおけるあっせん手続を利用することとなりました。

当事務所が関わった結果

依頼者は、ご依頼の時点で、すでに半年以上のリハビリ治療を継続されており、弁護士の交渉によっても、治療期間を1カ月程度伸ばしてもらうことが精いっぱいの状況でした。

それどころか、示談交渉の段階になって、相手方保険会社が治療期間を争うとの主張を行ってきました。本来ならばもっと短い治療で済んだはずだから、慰謝料は満額支払えないと言うのです。

こうした経緯から、交渉による解決を早期に切り上げ、紛争処理センター(紛セン)におけるあっせん手続を実施し、裁判基準でのあっせん案を獲得することができました。

「解決のポイント」

治療の打ち切りと延長

交通事故被害者の方の多くは、加害者が加入している保険会社の負担で、治療を行うことが一般的です(一括対応)。

ただ、この一括対応を相手方保険会社がいつまで行うかは、怪我の程度等によりまちまちです。半年前後の対応をしてくれる保険会社もあれば、2~3ヵ月で治療の打ち切りを打診してくる保険会社もあります。

また厄介なのが、弁護士が交渉をしたからと言って、必ずしも治療期間を延長することができるとは限らないという点です。

本件でも、依頼者はご依頼前に半年以上の治療を行っていたため、弁護士が介入して交渉しても、治療の延長は1カ月程度しか認められませんでした。

紛争処理センターのあっせん手続について

本件では、治療期間などの争いがあったため、示談交渉(話し合い)で解決をすることが困難な状況でした。

このような事件の場合、いきなり裁判(民事訴訟)を行ってもよいのですが、交通事故の場合には、交通事故紛争処理センター(紛セン)を利用することもできます。

紛センは、裁判ほどの期間・負担をかけずに、第三者のあっせんによる解決を目指す手続です。

本件でも、紛センで2回のあっせん手続を行ったのち、こちらに有利なあっせん案を獲得することができました。

担当弁護士による事例総括
担当弁護士 : 小湊 敬祐

本件のポイントは、早めに紛争処理センターにおけるあっせん手続を選択したことです。

裁判外での示談交渉は、相手方保険会社が不合理な主張にこだわってきた場合、うまく進展しないことが多々あります。そのような場合、裁判を起こして本格的に争ってもよいのですが、裁判には長い期間と多くの手間がかかります。

本件は、あえて裁判ではなく紛センを利用したことで、よい結果が得られた事件ということもできるでしょう。

どのような事件が紛センに向いており、どのような事件が向いていないのかを判断するにあたっては、専門的な知識と経験が必要です。

相手方保険会社の主張に不満がある方は、紛センのような手続をとることの是非についても、弁護士にご相談されるとよいでしょう。

交通事故被害者のための法律相談サイト
交通事故の慰謝料に対する疑問や不満をリーガルプラスが納得のいく解決までサポートします。
当サイトでは交通事故慰謝料の事例むちうちの慰謝料の相場も公開しています。