解決事例

ここでは交通事故に遭い、後遺障害を負われた方の解決事例をご紹介させて頂きます。

外傷性頸部症候群・両肩関節拘縮などにより¥4,350,000を獲得した事案

リーガルプラスご相談後の取得金額

相談前 0 万円

相談後 435万円

当事者の情報

依頼者名:E.Nさま

職業:美容師

年齢:40歳代

事故年:2014年

解決年:2017年

解決方法:示談交渉

弁護士費用特約の有無:特約「あり」

事例の概要

相手方保険会社による一括対応打ち切り後の治療費を請求した事案。主治医との面談等を行って治療の必要性・相当性を具体的に主張し、治療費の全額を交渉で獲得することに成功しました。

事故発生状況

事故態様

(加害者)車 対 車(被害者)

交差点で青信号で進行中、赤信号無視をして進行してきた車と出合い頭で衝突された。

解決までの道のり

信号無視の車との衝突事故により、同乗されていたご家族3名が負傷されました。
本件は、奥様からのご依頼になります。

ご依頼前の時点で、依頼者は治療費の一括対応を打ち切られていましたが、症状が改善していなかったため、健康保険を利用して自費で通院を継続されていました。

受任後、当方にて被害者請求を行い、後遺障害等級14級9号の認定を得ることができました。
また、保険会社との示談交渉の結果、一括対応打ち切り後の治療費(自己負担分)についても、賠償を受けることに成功しました。

当事務所が関わった結果

本件では、当事務所への相談前の時点において、保険会社による治療費の支払いが
打ち切られてしまっていました。

そこで、当方では、依頼者が自費で通院を継続されたことによる治療費についても、
相手方保険会社から損害賠償を受けられるよう、活動を行いました。

「解決のポイント」

保険会社による一括対応打ち切り後の治療費

保険会社による一括対応が打ち切られ、保険会社の負担で治療ができなくなってしまうと、その後の通院(治療)ができないと思い込んでしまったり、その後の治療費は全額自己負担となると考える方もいらっしゃいます。

当方では、依頼者の治療状況について主治医と直接面談をし、意見書の作成を
依頼するなどして、打ち切り後の治療に必要性・相当性があることを主張しました。

その結果、後遺障害認定において14級9号が認定されたほか、
打ち切り後の治療費についても、相手方保険会社から賠償を受けることができました。

担当弁護士による事例総括
担当弁護士 : 齋藤 碧

保険会社は、被害者の傷病名によって、治療費を保険会社が直接医療機関に支払う(一括対応)期間の目安を決めており、その期間が到来すると、被害者の実際の症状を考慮せずに、治療費の支払いを一方的にやめてしまうことが多々あります。しかしながら、被害者の方の症状は、個人によって異なり、実際に症状をみている主治医でなければ治療終了時期の判断はできません。保険会社の対応により、不当な時期に治療費の支払いを打ち切られてしまったような場合には、医師に協力をいただき、後に保険会社に対する賠償請求ができる可能性がありますので、そのような場合には、弁護士にご相談ください。

交通事故被害者のための法律相談サイト
交通事故の慰謝料に対する疑問や不満をリーガルプラスが納得のいく解決までサポートします。
当サイトでは交通事故慰謝料の事例むちうちの慰謝料の相場も公開しています。