解決事例

ここでは交通事故に遭い、後遺障害を負われた方の解決事例をご紹介させて頂きます。

後遺障害等級14級9号の後遺症が残った事案。130万円増額して示談。

リーガルプラスご相談後の取得金額

相談前 200 万円

相談後 330万円

当事者の情報

年齢:60代

性別:女性

職業:主婦

事故態様

両当事者の属性(自動車対自動車など)

ご依頼者様:自動車

相手方:自動車

事故態様の詳細

信号のない交差点を直進中、一時停止無視をした車と出合い頭に衝突した。

過失割合

ご依頼者様:10%

相手方:90%

治療関係

負傷部位・診断名:頚椎捻挫、腰椎捻挫、胸部挫傷、膝捻挫

治療期間:6ヶ月

認定等級(部位):14級

解説弁護士による事例総括
解説弁護士 : 谷 靖介

当初、相手方保険会社は、後遺障害部分について自賠責保険金額である75万円の提示をしていました。当該金額は、裁判基準に比べて著しく低額であったことから、当事務所にご相談いただき、増額交渉をご依頼いただきました。
依頼者が内縁の妻であったことから、家事労働の具体的な支障をお伺いし、休業損害を算定し、相手方保険会社と交渉を行いました。相手方保険会社は、内縁関係の証明が必要である旨の主張をしてきたことから、依頼者から同一住所であることを証明するための住民票の提出をいただき、内縁の妻としての主婦休損の認定を得られました。
結果、初回提示から130万円ほど増額した金額での示談が成立しました。

交通事故被害者のための法律相談サイト
交通事故の慰謝料に対する疑問や不満をリーガルプラスが納得のいく解決までサポートします。
当サイトでは交通事故慰謝料の事例むちうちの慰謝料の相場も公開しています。