豊富な後遺障害解決実績 - 千葉 交通事故 弁護士 【リーガルプラス

千葉 交通事故・後遺障害相談|市川 津田沼 千葉 成田

電話番号

年間100件以上の豊富な後遺障害の解決実績

私どもは、日々交通事故のご相談をお受けしています。
事故によって痛みや機能障害が残ってしまった場合、後遺障害の可能性がございます。
お気軽に当事務所までご相談下さいませ。
 

頚椎(首)、腰椎の後遺障害

いわゆる、むちうちの頚椎捻挫(外傷性頚部症候群)、腰椎捻挫、椎間板ヘルニアの傷病名の場合、頚椎(けいつい)、腰椎の後遺障害が残存する例が多いといえます。
頚椎(首)、腰椎の後遺障害について詳しくはこちら
 

肩の後遺障害

肩鎖骨関節脱臼、鎖骨骨折、肩甲骨骨折などの傷病名の場合、肩の後遺障害が残存する例が多いといえます。
 

膝(ひざ)の後遺障害

前・後十字靱帯損傷、半月板損傷、脛骨高原骨折(プラトー骨折)などの傷病名の場合、膝(ひざ)の後遺障害が残存する例が多いといえます。
 

背骨、脊髄、脊柱の後遺障害

腰椎圧迫骨折、腰椎破裂骨折などの傷病名の場合、背骨、脊髄(せきずい)、脊柱(せきちゅう)の後遺障害が残存する例が多いといえます。
 

顔(目・耳・鼻・口等)の後遺障害

事故時の頬骨骨折、顎骨骨折、眼窩上壁骨折などの傷病名の場合、顔(目・耳・鼻・口等)の後遺障害が残存することが多いといえます。
 

肘、腕の後遺障害

事故時の肘関節脱臼、尺骨骨折などの傷病名の場合、肘、腕の後遺障害が残存することが多いといえます。
 

骨盤~股関節の後遺障害

事故時の骨盤骨折、股関節脱臼などの傷病名の場合、骨盤、股関節の後遺障害が残存する例が多いといえます。
 

下腿~足の後遺障害

大腿骨骨折、腓骨(ひこつ)骨折などの傷病名の場合、下腿~足の後遺障害が残存する例が多いといえます。
 

足関節、足指の後遺障害

事故時の踵骨骨折、中足骨骨折、足趾骨折などの傷病名の場合、足指の後遺障害の残存する例が多いといえます。
 

醜状障害

 事故時の擦過傷、挫創、顔面打撲等の傷病名の場合、顔面部に3センチ以上の線状痕等の醜状(しゅうじょう)傷害が残存する例が多いといえます。
 

高次脳機能障害・遷延性意識障害

脳挫傷、急性硬膜外血腫、急性硬膜下血腫、外傷性くも膜下血腫、びまん性軸索損傷などの傷病の場合、高次脳機能障害が残存する例が多いです。
また、遷延性意識障害とは、一般的に植物状態と呼ばれる障害です。
高次脳機能障害・遷延性意識障害について詳しくはこちら
 

その他の後遺障害

上記の後遺障害以外についても、後遺障害の等級認定がされる場合があります。

 

ご質問やお問合せはお気軽にどうぞ

無料法律相談のご予約|相談料着手金0円

ご相談の流れはこちら

▼ こちらもご覧ください! ▼

解決実績

お問い合わせ

アクセス

事務所紹介

弁護士紹介

弁護士費用

交通事故のご相談 電話相談・面談予約はこちらまで 後遺障害相談 メールでのお問い合わせはこちら 弁護士・事務所選びのポイント 賠償金獲得の注意点 弁護士法人リーガルプラス公式Facebook 相談表ダウンロード スマートフォンはこちら
対応エリア 市川法律事務所

千葉県市川市八幡2-16-1
はぐちビル4階

アクセスマップ
津田沼法律事務所

津田沼駅前安田ビル10階1002号室

アクセスマップ
千葉法律事務所

千葉県千葉市中央区
富士見1丁目14番11号
常盤ビル7階A

アクセスマップ
成田法律事務所

千葉県成田市花崎町800-6丸喜ビル

アクセスマップ
かしま法律事務所

茨城県鹿嶋市宮中字東山321-1

アクセスマップ
動画

弁護士法人リーガルプラス

© 2016 弁護士法人リーガルプラス . All Rights Reserved.